ED治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

EDの原因

 

 

EDの原因の割合と性機能障害の種類

まず言えることは『自分の心身にあまりストレスを与えないこと』だ。ストレスが身体に及ぼす影響は大きく、コルチゾールが分泌され男性ホルモンの分泌が低下、性欲の低下、精子をつくる機能の低下などが起こる可能性がある。

 

 

EDの原因となる6つの身体的な要因

高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化これらの病気は陰茎の血管に影響を及ぼす為、血液を十分に送り込むことが出来なくなってしまう。

 

 

EDの原因となる6つの心理的な要因

過去に勃起せずに失敗した経験があると、そのトラウマで緊張が高まり、性的興奮が起こりにくくなる。EDの原因となる心理的要因の中では、これが最も多いと言われている。

 

 

勃起やEDに関する11のマメ知識

ペニスには普段、血液の供給はいらない。ただ、勃起するときにはかなりの量の血液が一気に流れ込む必要がある。しかし、内腸骨動脈が詰まりかけていると、勃起に必要な十分な血液を供給できない。これは例えば、『水道の元栓が締められている』のと同じ状態である。

 

 

EDの理由が心因性なら治るじゃないか、と考える

日本人男性の人口はおよそ6200万人ほど、その中でED患者の数が1100万人ほどだ。つまり、およそ3割がこれに該当するのである。この数字は蓋然性が高く、ED関係の本を数冊読んでも、ほぼこの3割、30%という数字が出て来る。

 

 

EDが最も多い年齢層は、実は『30代』

EDというのは、『肝心な時に勃起しない』ということなわけだから、肝心な時、つまりそれは『セックスの時』ということになる。『セックス時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないために、満足なセックスが行えない状態』というのが、EDの基本的な定義となるわけだ。

 

 

セックスの時に与えられる緊張、プレッシャーはEDの原因

セックスの時に与えられる緊張、プレッシャーによってED気味になる、ということはよくある。例えば風俗で、女性が早く『イカそう』としていることが分かった時、あるいは、演技をしていることが丸わかりなとき、また、

 

 

女性版のED『FSD(女性性機能障害)』とその特効薬

女性にもEDがある。ただし、女性のEDのことは、『FSD: Female Sexual Dysfunction』といい、まだまだ男性のEDと比べ、認知度も情報も少ない。

 

 

男性器は長い間使わないでいると機能が衰退していく

セックスレスの定義とは、『特殊な事情が認められないにもかかわらず、カップルの合意した性行あるいはセクシャル・コンタクトが一か月以上もなく、その後も長期にわたることが予想される場合』ということになる。

 

 

若いからこそ精神を支配できずにEDとなる

10代、20代でEDになるということは、あり得ない。そう考えている人が多いことだろう。イメージ的には、50代以降の、妻が老いてきて魅力を感じなくなり、あるいは自身的にも老化によって性欲が減衰してきて、という、やはり人生の後半、つまり『老人=ED』という図式が強く思い描かれている。

 

 

10代後半でEDになった知人とセックスレスに悩んだ女性パートナー

日本人男性の人口はおよそ6200万人ほどで、その中でED患者の数が1100万人ほどだ。つまり、およそ3割がこれに該当すると、このサイトの様々な部分で書いているわけだが、これは実は1998年のデータ。

 

 

EDを認めない弊害を知る。『克服する為に直視する』のだ。

自分のことをEDだと認めない人間心理はよくわかる。わかるが、もしそれをしたことで自分が強い人間だと思っているなら、皆目見当違いだ。『強さ』とは『弱さを認めないこと』ではない。

 

 

マスターベーションで勃起していてもEDになる

EDとはErectlie Dysfunction(エレクティル・ディスファンクション)の略。『セックス時に十分な勃起が得られないため、あるいは十分な勃起が維持できないために、満足なセックスが行えない状態』にある人のことを指す。

 

 

EDにおける『器質性』と『心因性』。それぞれの主な要因とは?

このうち『器質性ED』とは、身体そのものに何らかの原因があって起こること。つまり、性的刺激によって興奮し、血流が増して勃起するという通常の機能が損なわれている状態のことである。

 

 

メタボリックシンドロームの人はEDになりやすい?

『メタボリックシンドロームは危険信号』にも書いたが、メタボリック、つまりデブの人は、EDとは無関係ではないということを自覚する必要がある。普通に考えると、若者が糖尿病や動脈硬化といった器質性EDの原因となる可能性は低い。

 

 

自転車や長期間のデスクワークがEDの原因となる理由とは

つまり、サドルへの落下による直接的な外傷以外にも、硬いサドルによる慢性的な会陰部の圧迫のために血流障害や知覚障害を起こし、それがEDにつながるというわけだ。

 

 

睡眠不足や不規則な生活でEDになる理由とは

睡眠とEDの関係性はどういうものがあるだろうか。一見すると、全く関係ないようにも思える。ただ寝るだけで、何でEDが治るんだよ、という意見も聞こえて来る。またあるいは、『勃起っていうのは子孫を残す為の緊急反応だっていうぞ。

 

 

EDに有効な処方箋はうつ病と同じ。『焦らないこと』だ。

実は、若者がEDになった場合、その実に9割の人間が、『心因性 』である。その心因性の主な要因は『EDの原因となる6つの心理的な要因』に書いた。例えば、『どうしても今日セックスをしなければならない』とか、『どうしても子供を作らなければならない』といったような精神的な焦りや不安、緊張やプレッシャーが、EDの原因となってしまうわけだ。

 

 

震災やあらゆる不幸が原因でEDとなることはあるのか

『心因性ED 』の原因の一つに、『軽症うつ病』がある。※参考『EDの原因となる6つの心理的な要因』。うつ病ほどではなくても精神的疲労がたまっていると、気分が優れずに意欲も低下し、これが原因でEDにつながることもある。

 

 

予期不安の一つである『セカンドセックスED』とは

セカンドセックスというのは、文字通りだ。『二度目のセックス』だ。そして初めてのセックスが、『ファーストセックス』だ。そしてサード、フォース、…となると話はずれるが、ここで言いたいのは『セカンドセックスED』についてである。

 

 

『新婚ED』になる理由は自業自得?新婚旅行の前にするべきこと

『新婚ED』というものがある。これは別に、新婚というキーワードをつけなくてもいいのだが、つけた方がより特化して話が出来るからそうするということが一つ。またもう一つは、確かに『新婚』という時期にある、例えば『新婚旅行』などが原因で、その旅行先でEDになれば、それが『新婚ED』として位置づけられるということも理由ではある。

 

 

結婚後のEDの原因はどこにある?

『EDの原因となる6つの心理的な要因』にもあるように、EDになる原因の『心因性』の一つとして挙げられるのは『予期不安』である。過去に勃起せずに失敗した経験があると、そのトラウマで緊張が高まり、性的興奮が起こりにくくなる。EDの原因となる心理的要因の中では、これが最も多いと言われているわけだ。

 

 

過去に誘って断られた経験がEDを誘発する。相手の立場になって考えよう

『新婚ED』というものがある。これは別に、新婚というキーワードをつけなくてもいいのだが、つけた方がより特化して話が出来るからそうするということが一つ。またもう一つは、確かに『新婚』という時期にある、例えば『新婚旅行』などが原因で、その旅行先でEDになれば、それが『新婚ED』として位置づけられるということも理由ではある。

 

 

生身の女性の前ではEDとなってしまう原因とは

生身の女性となるとEDとなる。だが、それ以外のケースならEDではない。こういう人がいるのが事実だ。では、こういう人はEDに当てはまるだろうか。

 

 

うつ病になれば最優先事項は『勃起』ではなくなる

人間の心と体は繋がっている。心が軽やかになれば体も軽やかになり、心が重くなれば体も重くなる。『震災やあらゆる不幸が原因でEDとなることはあるのか 』にも書いたが、EDとうつ病というのは、実は密接な関係性を持っている。

 

 

抗うつ剤の『SSRI』がEDの原因となる?

『うつ病になれば最優先事項は『勃起』ではなくなる』にも書いた様に、それらの精神的症状にある人にとっての最優先事項は『勃起』ではないので、それらの副作用が一時的にあったところで、あまり大騒ぎすることではない。

 

 

EDとマスターベーションの関係性とそのメリットデメリット

『マスターベーションで勃起していてもEDになる』でも取り上げたが、そのマスターベーションが、むしろEDを引き起こす原因となっているという事実がある。これは、『生身の女性の前ではEDとなってしまう原因とは』に書いたような、『生身の女性に対する抵抗感』というような意味合いではなく、違う方向だ。

 

 

EDになる年齢と高齢者の性生活の行方

まず、EDというのは10代前半には概念としてない。というか勃起すらしたことがないという少年がほとんどだ。

 

 

EDと病気の関係性。EDが原因で病気が見つかるならラッキー

確かに精神的な部分が半数以上を占めている。器質性については『EDの原因となる6つの身体的な要因』に、心因性については『EDの原因となる6つの心理的な要因』に主な要因を書いた。

 

 

EDと動脈硬化の関係性。脳や心や心臓よりも、生殖器の方が守るべき優先順位は低い

『EDと病気の関係性。EDになるということは…』と併せて考えていくと、EDというのは動脈硬化と深く関係していることがわかってくるわけだ。男性器には普段血液の供給はほぼいらない。

 

 

EDの原因は『使わない』こと。そして『使いたくない』こと。

『男性器は長い間使わないでいると機能が衰退していく』にも書いた様に、男性器は長い事使わないでいると、いつの間にか機能が衰退していくので注意が必要だ。それは、筋肉も脳も同じだ。

 

 

勃起にとって必要な神経の伝達と血液の流れに弊害が出る糖尿病

実は、この糖尿病も、動脈硬化と同じように、EDとの関係性が強いといわれている病気なのである。それは単に、『糖尿病です』と言われたショックからくる心因性のこともあるが、それだけではないちゃんとした理由があるのだ。

 

 

糖尿病とうつ病とEDの関係性

今回のテーマは『糖尿病とうつ病とEDの関係性』である。まず、糖尿病に限らず、病気がうつ病を生むということは、冷静に考えれば見えて来る事実ではある。

 

 

糖尿病が招く弊害は動脈硬化やEDだけではない

合併症の多くは神経と血管が障害されることが原因で、全身の様々な部位に起こる。腎機能不全で人工透析が必要になる人が多く、糖尿病は人工透析が必要になる原因の第1位であるという。

 

 

EDと朝立ちとうつ病の関係性

今回のテーマはズバリ、『朝立ち』である。EDの人にとっては、朝立ちだろうが何だろうが、悩んでいたなら(やった!勃起した!)と思って喜ぶことだろう。この朝立ちというのは、正確には『夜間勃起現象(Nocturnal Penile Tumescence:NPT)』と呼ぶ。

 

 

ASO、心不全、高血圧の人の多くがED患者である

この『動脈硬化』、つまり血流(血液の流れ)に問題がある人はあらゆる弊害を招いてしまっていることがわかる。そのうち、やはり、ASO(閉塞性動脈硬化症)である患者の場合は、ほとんどの人がEDであるという事実があるようだ。

 

 

うつ病になってEDになる。EDになってうつ病になる。

うつ病とEDの強い関係性についてはたくさんまとめてきたわけだが、それもそのはず、うつ病というのは精神的な問題であるわけだ。 半数以上のEDは精神的な理由であり、その原因の割合は、

 

 

EDとうつ病。人間にとっての優先順位とは

『うつ病になれば最優先事項は『勃起』ではなくなる』にも書いた様に、もし『うつ病⇒ED』という状況になった場合は、EDというのは、もはやうつ病患者にとって、最重要課題ではなくなるのだ。優先順位が下がる。

 

 

糖尿病よりもEDの患者数の方が多いって本当?

これがその1998年に行われた調査の結果である。しかし、EDよりも糖尿病らの患者数の方が多いような印象を受ける。実際には、そういう感覚があるのだ。周りを見渡しても、そう思う。その理由として考えられるのは、

 

 

ストレスがEDに悪影響を及ぼすさらに具体的な話

確かに、人間の命に係わる重大な問題が起きて、それで精神的に参り、EDに限らず様々な心の病を患ってしまうという人がいることは、想像にた易いことだ。人間には心がある。心があるから人間なのだ。

 

 

EDの原因となるちょっと珍しい事情。同性愛や過激な性的欲求

同性愛に関しては、『女性に勃起しない=EDだ』という考え方が当てはまらない場合がある。同性に対して反応するのが、彼らにとって『正常』だということになるからだ。

 

 

勃起はするが途中で萎えてしまうのはEDか?

EDとなる要因は様々なものがあり、途中で萎えてしまう、いわゆる『中折れ』状態となってしまうのも、EDということになる。

 

 

朝立ちとマスターベーションがあってもEDになるのか?

それらが朝立ちやマスターベーションに問題がなくても、生身の女性でEDとなるなら、それはEDである。

 

 

EDとお酒の関係。アルコールがEDの原因になるって本当?

基本的に、ワキガ、口臭、うつ病、あがり症、にきび、薄毛、バストアップといった、心身に共通する人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』といった大原則を正しく最適化するということが極めて重要なカギとなっている。

 

 

器質性、心因性の他の2つのEDパターン

まず簡単な人数の話からするが、これは、1998年の調査結果で1130万人だと言われていて、しかもそのEDの患者数の中には『軽度な症状』の人は入っていなかった。

 

 

EDと血流不全の密接な関係性。血液サラサラがED改善のカギ

そもそも、血液が男性器に流れ込むことによって、勃起という現象が起きるのであって、血液の流れが悪ければ、つまり血流不全になれば、勃起はしにくくなることは当然である。

 

 

EDと活性酸素の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害

寿司は美味い。だが、美味い寿司はカウンターで食べる寿司だ。まさか、出前で取って、一日経った寿司が美味いと思っている人はいないだろう。生の魚を食べるのだ。時間が経てば経つほど味は落ちて来る。鮮度が落ちていくのだ。

 

 

EDと男性ホルモンの密接な関係性。男性の更年期障害

このDHEAは、副腎や性腺で生成されるステロイドホルモンで、性的刺激を促進するだけでなく、性的刺激によって分泌が促される。男性ホルモンでありテストステロンや、女性ホルモン合成の前駆物質なのである。

 

 

睡眠不足で男性ホルモンが低下してEDになる

『睡眠不足や不規則な生活でEDになる理由とは』に睡眠とEDの関係性については書いたが、ここでは更に、睡眠によるメリットの詳細を書く。

 

 

喫煙するならEDになることを覚悟した方がいい

『喫煙する人は、ストレス解消のために喫煙している。従って、ストレスを人よりも負っている傾向がある』ということで、ストレスという別の問題がある、というわけではなく、実際に煙草の喫煙によって、直接的に害を被っているのである。

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

ワキガ

ワキガ

ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

口臭

口臭

口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP