ED治療のノウハウを自分のものにする

 >

 

EDと朝立ちとうつ病の関係性

 

質問

朝立ちとEDとうつ病に関係性はある?

 

答え

朝立ちは、睡眠不足の状態にあると起こりにくい現象です。うつ病の人は、睡眠不足の状態にありがちです。睡眠不足の状態にあると、EDとなります。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

朝立ちって、『胎児~死ぬまで』という極めて長い間(ほぼ一生)起こり続ける現象って知ってた?EDとは何か関係あるのかな?詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

  • 糖尿病とうつ病とEDの関係性
  •  

    という記事も書いたが、今回のテーマはズバリ、『朝立ち(朝勃ち)』である。EDの人にとっては、朝立ちだろうが何だろうが、悩んでいたなら(やった!勃起した!)と思って喜ぶことだろう。

     

    この朝立ちというのは、正確には『夜間勃起現象(Nocturnal Penile Tumescence:NPT)』と呼ぶ。そしてこの夜間勃起現象というのは、通常であれば『胎児~死ぬまで』という極めて長い間(ほぼ一生)起こり続ける現象なのである。

     

    ED治療

     

    寝ている間、下着でも寝返りでも、男は男性器の刺激を受ける。また、夢の中でもそうだ。そういう条件が相まって、それらの現象は起こる。試しに、肌触りのいい、ゆるやかな下着をつけて寝てみるといい。ピッタリとしまった窮屈な下着よりもはるかに高い確率で、朝立ちの状態で起床することになるだろう。

     

    ED治療

     

    また、基本、うつ病あがり症バストアップワキガ口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題も、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本を、極めて最適化することで、ホルモンや脳内物質のバランスを最適化し、美と健康を維持、向上させることが出来る。

     

    つまり、健全な睡眠がとれていない状態は、様々な弊害を招く結果に繋がる。更に、よい睡眠がとれないと夜間勃起も起きにくいとされている。

     

    ED治療

     

    うつ病は、『不眠』から始まることが多く、EDの人にうつ病が多いというのも、これら『睡眠』が深く関係している可能性はあるのだ。

     

    もちろん、『抗うつ剤の『SSRI』がEDの原因となる?』に書いた様に、抗うつ剤の副作用とういこともあるだろうし、『うつ病になれば最優先事項は『勃起』ではなくなる』に書いた様に、うつ病になれば勃起の優先順位が下がる、という事実もあるだろう。

     

    ニワトリ

    よく食べて、よく寝られて、よく勃起する人にうつ病はいないっていうけど、これはよく考えると人間の『三大欲求』だね!性欲、食欲、睡眠欲!EDの問題を考える前に、まずこうした絶対的な基礎ちゅうの基礎を押さえることを念頭に置こう!

    ぴよぴよ(そうすれば案外いろんな不調が治るっす)!

     

     

    この章のまとめ
  • 朝立ちというのは、正確には『夜間勃起現象(Nocturnal Penile Tumescence:NPT)』と呼ぶ。
  • 夜間勃起現象というのは、通常であれば『胎児~死ぬまで』という極めて長い間(ほぼ一生)起こり続ける現象。
  • 肌触りのいい、ゆるやかな下着をつけて寝れば、ピッタリとしまった窮屈な下着よりもはるかに高い確率で、朝立ちする。
  • よい睡眠がとれないと夜間勃起も起きにくい。
  •  

     

     

    関連記事

  • ASO、心不全、高血圧の人の多くがED患者である
  • うつ病になってEDになる。EDになってうつ病になる。
  • EDとうつ病。人間にとっての優先順位とは
  • 糖尿病よりもEDの患者数の方が多いって本当?
  • ストレスがEDに悪影響を及ぼすさらに具体的な話
  • EDの原因となるちょっと珍しい事情。同性愛や過激な性的欲求
  • 勃起はするが途中で萎えてしまうのはEDか?
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP