ED治療のノウハウを自分のものにする

 >

 

EDと男性ホルモンの密接な関係性。男性の更年期障害

 

質問

男性ホルモンとEDは何か関係があるの?

 

答え

男性ホルモンのテストステロンは、

 

  • 性欲や性機能の維持
  • 精子の産生
  • 勃起に必要な一酸化窒素の放出を助ける
  •  

    といった役割を担っています。従って、男性ホルモンが低下してしまうと、EDになる可能性があります。

     

    どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

    ニワトリ

    男性ホルモンが低下すると、ED以外にも様々な問題を引き起こすよ!ホルモンバランスを崩さないように注意しよう!詳しく解説するね!

    ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

     

    目次

     

  • 男性ホルモンと性機能の関係
  • 男性ホルモンのコントロール不足によってEDとなる
  • ストレスはEDにとっても大きな弊害
  •  

     

    目次

     

     

    男性ホルモンと性機能の関係

     

    男性ホルモンが低下すると、EDになりやすくなる。男性ホルモンの主な働きは、

     

    男性ホルモンの主な働き
  • 骨や筋肉を大きくして強度を維持する
  • 細胞内にあるミトコンドリアの働きを活性化させ、内臓脂肪やコレステロールの増加を抑える
  • 抗酸化作用によって動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などの血管系の病気を予防する
  • 判断力や記憶力など認知機能の維持
  • 社交性や仕事に対する意欲などや社会性を高める
  •  

    ED治療

     

    といったものがある。男性ホルモンは、

     

    男性ホルモン
  • テストステロン
  • ジヒドロテストステロン(DHT)
  • アンドロステンジオン
  • デヒドロエピアンドロステロン(DHEA)
  •  

    らがあるが、そのうち約95%は、テストステロンであり、男性ホルモンといえば、このテストステロンといっていいだろう。

     

    また、『EDを治してセックスをすれば老化を防げて若返る』にも書いた様に、男性が射精をすると、血中のDHEAデヒドロエピアンドロステロン(Dehedroepiandrosterone)の濃度が上昇する。

     

    このDHEAは、副腎や性腺で生成されるステロイドホルモンで、性的刺激を促進するだけでなく、性的刺激によって分泌が促される。男性ホルモンでありテストステロンや、女性ホルモン合成の前駆物質なのである。

     

    またテストステロンは、

     

    テストステロンの役割
  • 性欲や性機能の維持
  • 精子の産生
  • 勃起に必要な一酸化窒素の放出を助ける
  •  

    ED治療

     

    といった役割を担っている。まさしく、これら男性ホルモンは人間の性機能に大きな影響を及ぼすということがわかってくるわけである。

     

    ニワトリ

    男性ホルモンのテストステロンは、性欲や精子、勃起などに大きくかかわっているんだね!だから男性ホルモンが減少してしまえば、性欲も減衰してしまうっていうことになるね!

    ぴよぴよ(やっぱり男性ホルモンと性欲は繋がっていたんすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • 男性ホルモンの主な働きを確認する。
  • 男性ホルモンのうち約95%は、テストステロン。
  • 男性ホルモンのテストステロンは、性欲や精子、勃起などに大きくかかわっている。
  •  

     

    男性ホルモンのコントロール不足によってEDとなる

     

    これら男性ホルモンが低下すると、下記といった、様々な心身の症状を引き起こすことになる。

     

    男性ホルモンが低下して引き起こされる現象
  • メタボリック症候群
  • 心筋梗塞
  • 脳梗塞
  • 筋肉痛
  • 疲労かん
  • トイレが近くなる
  • 体のほてり
  • 発汗
  • 頭痛
  • 目まい
  •  

    ED治療

     

  • 耳鳴り
  • イライラ
  • 不安
  • 抑鬱
  • 集中力や記憶力の低下
  • 不眠
  •  

    また、重度のうつ病患者のテストステロン値は一様に低いことが知られていて、薄毛のことで言うならば、男性ホルモン(テストステロン)には、体毛やひげなどに代表されるように、毛を生やす、という作用があるのだが、前頭部と頭頂部の毛乳頭に多くある特殊な酵素(Ⅱ型5α-還元酵素)と結びつくと、ジヒドロテストステロン(DHT)という脱毛を促進する物質がつくられる。

     

    ここまで考えたら、男性ホルモンのコントロール不足による弊害の恐ろしさがわかってきたはずである。

     

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    薄毛

    薄毛

    薄毛のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    ニワトリ

    男性ホルモンのコントロールでうまくできないと、例えばうつ病や薄毛のような問題が起きてしまうということだね!常にホルモンバランスが崩れないように、体調を整えることが求められるということだね!

    ぴよぴよ(なるへそ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 男性ホルモンが低下して引き起こされる現象を確認する。
  •  

     

    ストレスはEDにとっても大きな弊害

     

    女性の場合で考えても、女性ホルモンが低下してしまうと同じように心身に悪い影響が出て来るようになる。恋をしたら心身がルンルンと輝き、失恋したり恋に悩んだら肌荒れを起こしたりすることはよく見る光景である。

     

    同じように、男性は男性ホルモンの低下につながるような行動を慎み、そのコントロールを間違いないようにしたい。例えば、『ストレスを避けること』だ。これを徹底したいのだ。

     

    前述したうつ病や薄毛だけではなく、ワキガ口臭にきびバストアップ食事、睡眠、運動様々な問題の根幹にあるのは、『食事、睡眠、運動』といった大原則を正しく最適化するということ、そして同じくらい、過度な『煙草、飲酒、ストレス』というのは、大きな弊害となる。

     

    ED治療

     

    人間に継続的なストレスがかかると、副腎皮質からストレスホルモンであるコルチゾールが過剰に分泌される。それによって、『EDと活性酸素の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害』にも書いた様に、それを分解をするときに活性酸素が発生してしまい、それだけでもEDの原因を作ってしまうわけだが、免疫力を低下させることにもつながるので、例えば、『抑鬱』といった症状を引き起こすことになる。

     

    そうすると、『うつ病になれば最優先事項は『勃起』ではなくなる』にも書いた様に、それらの症状を改善することの方が優先順位が高くなってしまうので、これまたEDの原因となってしまうのだ。

     

  • EDにならなければ長生きする?カギを握る『ストレス』
  • EDとストレスの密接な関係性とは
  •  

    にも書いた様に、ストレス対策は徹底した方がいいだろう。思っている以上にこの『ストレス』というものは、人間に甚大な影響を与えると覚えておいた方が良い。

     

    ニワトリ

    ストレスを避けることを絶対原則として考えれば、かなりEDの問題も改善されることになるね!ストレスがホルモンバランスを崩し、活性酸素を出し、免疫力も下げて、うつを生み出し、などと、様々な問題を引き起こすからね!

    ぴよぴよ(ストレスは本当に大きな問題っすね)!

     

    Check!!
  • ストレスは自然界にある毒物では蛇毒に次ぐ
  •  

     

    この章のまとめ
  • 過度な『煙草、飲酒、ストレス』というのは、大きな弊害となる。
  •  

     

     

    関連記事

  • EDの原因となるちょっと珍しい事情。同性愛や過激な性的欲求
  • 勃起はするが途中で萎えてしまうのはEDか?
  • 朝立ちとマスターベーションがあってもEDになるのか?
  • EDとお酒の関係。アルコールがEDの原因になるって本当?
  • 器質性、心因性の他の2つのEDパターン
  • EDと血流不全の密接な関係性。血液サラサラがED改善のカギ
  • EDと活性酸素の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害
  • 睡眠不足で男性ホルモンが低下してEDになる
  • 喫煙するならEDになることを覚悟した方がいい
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP