ED治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

>

 

EDの改善

 

 

EDの改善に必要な心因性の理解。ノン・エレクト法(逆接的心理療法)とは

勃起を促すためには、基本的には自分の心身に性的な刺激が必要だ。大脳を興奮させるためにはその刺激が必要で、空想のイメージ、視覚、聴覚、嗅覚、あるいは陰茎の直接刺激などが求められることになる。

 

 

EDと煙草。メンソールの煙草を吸うとEDになるって本当?

よりよい性生活のために、女性に『男性パートナーに求める機能的側面』を訪ねた結果、こういう数字が出た。

 

 

EDの改善には心の整理が必要。また、本当に勃起は必要なのか

過去に勃起せずに失敗した経験があると、そのトラウマで緊張が高まり、性的興奮が起こりにくくなる。EDの原因となる心理的要因の中では、これが最も多いと言われている。

 

 

EDの改善。自身の復活で自信の復活。

ここで言う『自身』は、『男性自身』、つまり男性器のことである。ということで、EDの改善をするということは、男としての自信を取り戻すことに繋がる。やはり、なんだかんだ言っても女性は胸の大きさ、男性は自身のサイズということを気にして生きているものである。

 

 

EDとFSDの密接な関係性

女性にもEDの症状がある。その場合、それを『FSD』と呼ぶ。『女性版のED『FSD(女性性機能障害)』とその特効薬』にも書いたが、FSDというものは、つまり、女性がセックスに対し、あまり乗り気になれないという症状である。このFSDの症状は、『女性性機能障害、FSD』にも書いたが、

 

 

EDを甘く見るとFSDも甘く見る。それによる弊害は甚大だ

『EDとFSDの密接な関係性』にも書いたが、EDとFSDは密接な関係性を持っている。だからあまりEDを軽視しない方がいい。軽視すると、いずれそれが取り返しのつかないことに繋がることにもなる。

 

 

女性版EDのFSDとその背景にある日本人の性生活の実態

EDとFSDが引き起こす弊害について考えてきたわけであるが、実は、FSDの原因というものは、単に男性側の『ED』ということだけに問題があるのではない。

 

 

女性版EDのFSDとうつ病との関係性

ED⇒FSD⇒うつ病(を含めたあらゆる弊害)という図式を頭に入れたいのである。セックスレスや離別、あるいは離婚というだけではない。FSDにおいて女性はうつ病を引き起こしてしまう可能性もあるのだ。

 

 

EDを治して欲しいと願う女性の本音とは

女性は男性にEDの改善をしてほしいと願っている事実がある。もちろん、男は男でそうしたプレッシャーが逆にEDを悪化させることになることは、

 

 

EDもFSDも放っておくと大きな問題に発展する

そして、男性がEDの改善で自信を回復させるように、女性も当然、FSDの改善で自信を回復させることが出来る。なぜなら、FSDの原因にも心因性が関係あるからだ。

 

 

女性がEDに対して意見をしないことを勘違いしない

EDの原因の半数以上は『心因性』だから、焦って治そうとする必要はない。むしろ、時間をかけて、一つずつ原因を改善し、『二人で』一緒に責任を分かち合い、問題を解決していけばいい。

 

 

薄毛治療薬の『プロペシア』がEDの原因となる?

『抗うつ剤の『SSRI』がEDの原因となる?』では、EDとうつ病の治療薬が関係しているということについて触れた。

 

 

セックスレスとEDと暴力は女性を虚無にさせる。だが…

セックスレス、ED、暴力。こんなトリプルパンチを加えられたら、どんな女性だって精神的に大ダメージを与えられる。更に、そのうちセックスレスとEDの原因が、他の女生徒の浮気や不倫だとしたらどうだろうか。しかも、自分よりも若くて胸の大きな女性だ。

 

 

EDの『心因性』を『脳因性』として考えてみる

『EDの原因の割合と性機能障害の種類』、あるいは『EDの原因となる6つの心理的な要因』を考えてもわかるが、半数以上のEDは精神的な理由であり、その原因の割合は、

 

 

恋愛感情が『家族愛』に変化し、EDとなる

そのうち、『恋愛感情が『家族愛』に変化し、EDとなる』というテーマについて考えてみたとき、確かにそういうことはある。そしてもちろんそれは、『恋愛感情が『家族愛』に変化し、FSDとなる』という、女性版の考え方も出来るということだ。

 

 

EDと簡単に認められたら苦労はしない。だが、認めるのが男だ。

そうは言っても男が自分をEDだと認めることはなかなか容易ではない。まず、『見栄とプライドの違い』をはき違えていることが根幹にある。普通、プライドなら捨てることを考えない。

 

 

EDやセックスにおける女性の『配慮』が男に通用するとは限らない

例えば、女性から誘わない、女性から言わないということは、女性独特の性質の問題だ。セックスにおける演技もそうだが、男がそれで本当に喜ぶ、喜ばないということはさておき、それが女性なりの男に対する優しさであり、愛情なのである。

 

 

EDを『治したい』と思わないのであれば治す必要はない

何しろ、精神的な部分で、『EDを治す必要がないよ』と思っているようであれば、まず心因性の部分でアウト。そして、器質性の部分でも、改善の方向に向かって努力しようとしないからアウト。ということになる。

 

 

EDが治ったら病気も治ったという事実について

病気でEDになったという人が、EDが改善されたらその病気もよくなることがあるという。病気が先か、EDが先か、どちらにせよ、EDという症状が男の心身に強い影響を与えることは間違いなさそうだ。

 

 

EDにならなければ長生きする?カギを握る『ストレス』

1997年のイギリスの調査で、45歳から59歳までの男性を10年間調べると、セックスの回数の多い人ほど死亡率が低かったということがわかった。ということはつまり、EDにならずにセックスの回数が多ければ、それが長寿の秘訣になる、という事実に繋がるということが垣間見えるわけである。

 

 

人に言いづらく敷居が高いED治療の改善に必要な考え方

こうした症状に悩む人は、正直少し、軽蔑視される傾向にさえある。まことに理不尽な話である。だから、人はこれらの症状を抱えていながらも、こっそりと治療をしていく、ということが起きてしまっているのである。

 

 

EDとストレスの密接な関係性とは

精神的にストレスがかかっている状況、身体的にストレスがかかっている状況、どちらにおいてもストレスというものはとにかく異常性を招く原因となるのである。

 

 

EDの改善を考えるならまず食事面を徹底的に改善する

そしてそれらを誘因するコレステロールの過剰摂取に注意することだ。その為に食事の摂取方法を徹底する必要がある。

 

 

EDと食事。たんぱく質と海藻でコレステロール問題を解決する!

『EDの改善を考えるならまず食事面を徹底的に改善する』と併せて考えていきたい。食事とEDというものは切っても切り離せないわけである。

 

 

EDと一酸化窒素の密接な関係性とは

その記事で、EDと有酸素運動、あるいは加圧による血管の収縮の関係性について書いたが、それにより血流がよくなり、男性器にも血液が流れ込みやすくなり、勃起へと繋がるということになる。

 

 

EDを治してセックスをすれば老化を防げて若返る

男性が射精をすると、血中のDHEAデヒドロエピアンドロステロン(Dehedroepiandrosterone)というホルモンの濃度が上昇する。このDHEAは、副腎や性腺で生成されるステロイドホルモンで、性的刺激を促進するだけでなく、性的刺激によって分泌が促される。

 

 

EDがバイアグラで治るというのは本当なのか?

結論的にいうと、バイアグラ、レビトラ、シアリス等のED治療薬によって、EDは高い確率で改善されることになる。そしてその副作用もほとんどの場合でないと言っていい。風邪薬のような感覚だ。

 

 

精力減退を回復させるには高麗人参などの漢方も有効

統計的に人が精力減退を気にし始めるのは、40代前半からだといわれています。もしも精力が減退したと思われる場合、放置していると大変なことになる可能性があります。精力が減退した場合、回復しないとどのような状態になるのでしょうか。

 

 

 

コンプレックスに関するその他の情報

ワキガ

ワキガ

ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

口臭

口臭

口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

カテゴリー

↑ PAGE TOP