ED治療のノウハウを自分のものにする

 

 >

 

EDにならなければ長生きする?カギを握る『ストレス』

 

質問

EDにならなければ長生きするの?

 

答え

1997年のイギリスの調査で、45歳から59歳までの男性を10年間調べると、セックスの回数の多い人ほど死亡率が低かったということがわかりました。ということはつまり、EDにならずにセックスの回数が多ければ、それが長寿の秘訣になる、という見解が持てます。

 

しかし、この調査結果を短絡的に考えるのは安易だと言えるでしょう。『セックスをすればするほど長生きをする』ということではないはずだからです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

EDにならなければ長生きするのか、長生きをしている元気な人がEDとは無縁だったのか、視点はいろいろあるからね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • セックスの回数の多い人ほど死亡率が低い?
  • EDでありセックスレスであるという状況は『逸れた』サイン
  •  

     

    目次

     

     

    セックスの回数の多い人ほど死亡率が低い?

     

    1997年のイギリスの調査で、45歳から59歳までの男性を10年間調べると、セックスの回数の多い人ほど死亡率が低かったということがわかった。ということはつまり、EDにならずにセックスの回数が多ければ、それが長寿の秘訣になる、という事実に繋がるということが垣間見えるわけである。

     

    ED治療

     

    具体的なここでいう死亡率とは、

     

  • 狭心症
  • 心筋梗塞
  • その他病気
  •  

    を含めたものであるからして、つまり、その様な病気にもかかりにくくなるということになるわけだ。

     

    しかし、このデータを紹介しているところでは、書いてあるのはここまでだ。とにかく、『EDにならなければ寿命が長くなる』、あるいは、『セックスの回数が多ければ寿命が長くなる』ということが言いたいわけで、その更なる詳細については明らかにされていない。

     

    例えば私は、持病として『口唇ヘルペス』を患っているわけだが、これは、いつの間にか潜伏した、あるいは最初から感染していたヘルペスウイルスが、『とある条件』によって触発され、皮膚の表面におりてきて皮膚を食い破り、痛みや痒みを伴うような損傷を負わせる、という病気だ。

     

    ED治療

     

    そしてその『とある条件』というものが、

     

  • 体の疲れ
  • ストレス
  • 栄養不足
  • 紫外線
  •  

    など、様々なものがあるのだ。

     

    ヘルペスが出た時、そのうちのどれが当てはまってしまったのか、ということは、断定することは難しい。紫外線以外は、ほとんど同時に発生する条件であるということにもなる。疲れていたとき、ヘルペスが出た。しかし、疲れていたからストレスを負っていたし、それを補う為の栄養も不足していた。と考えられるわけだ。

     

    この場合、一つにまとめるとしたら『免疫力の低下』だ。免疫力が弱まってウイルスに抗うことが出来なくなり、ウイルスの勢力が優位になった。そう考えられるわけである。

     

    ED治療

     

    ニワトリ

    データを読み解くときは、短絡的に考えては真実は見えてこないからね!単純に、セックスをすればするほど長生きするっていう結論を出すのは早合点っていうことになるわけだね!

    ぴよぴよ(なるへそ)!

     

     

    この章のまとめ
  • セックスの回数の多い人ほど死亡率が低かった。
  • ということは、病気にもかかりにくくなるということになる。
  • しかしデータを読み解くときは、短絡的に考えては真実は見えてこない。
  •  

     

    EDでありセックスレスであるという状況は『逸れた』サイン

     

    では、『セックスの回数が多ければ長生きする』ということに関しては、その理由にどのような条件が考えられるだろうか。それは当然、EDやFSDになっていない男女がそこにいるわけだから、

     

  • 栄養の管理が行き届いている
  • 適切な運動が継続できている
  • ストレスがない生活を送っている
  • 人間関係が良好である
  •  

    などという事実がそこにあることになるだろう。従って、『セックスをすれば寿命が延びる』というわけではなく、『セックスが出来る様であれば、あらゆる面において健全な生活を送っている』ということになり、それが結果として、長寿につながっているということになるのだ。

     

    従って、これを一つにまとめるとしたら『ストレスフリーの人生』だ。ストレスが人間の心身に与える影響は、甚大である。

     

    ED治療

     

    『寝て、食べて、セックスが出来ればうつ病にはならない』

     

    という医師の見解もあるように、セックスというのは三大欲求のうちの一つに数えられるほどの、人間にとって極めて重要な要素であるということを知るべきである。そう考えた時、EDであり、セックスレスであるという状況は、何らかの法則から『逸れた』サインなのかもしれない。

     

    ニワトリ

    うつ病やEDの本には、『寝て、食べて、セックスが出来ればうつ病にはならない』と書かれているけど、つまり、セックスの回数が多い人ほど、その他の面が健康的である可能性が高いっていうことだね!そうなれば必然的に、長生きする可能性が高くなるっていうことさ!

    ぴよぴよ(そういうことかもしれないっすね)!

     

     

    この章のまとめ
  • ストレスが人間の心身に与える影響は、甚大。
  • EDであり、セックスレスであるという状況は、何らかの法則から『逸れた』サインなのかもしれない。
  •  

     

    うつ病

    うつ病

    うつ病のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

     

    関連記事

  • EDが治ったら病気も治ったという事実について
  • 人に言いづらく敷居が高いED治療の改善に必要な考え方
  • EDとストレスの密接な関係性とは
  • EDの改善を考えるならまず食事面を徹底的に改善する
  • EDと食事。たんぱく質と海藻でコレステロール問題を解決する!
  • EDと一酸化窒素の密接な関係性とは
  • EDを治してセックスをすれば老化を防げて若返る
  • EDがバイアグラで治るというのは本当なのか?
  • 精力減退を回復させるには高麗人参などの漢方も有効
  •  

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP