ED治療のノウハウを自分のものにする

 

 >

 

ED改善薬が心の治療に繋がる

 

質問

EDの改善薬が心の治療に繋がるの?

 

答え

繋がります。そもそも、『心の治療』になる薬はありません。『一時的に気分を高揚させる、安定させる』精神安定剤のようなものはあっても、心を変えられる薬はないのです。

 

麻薬で依存体質になってしまったり、廃人と化してしまうことはあっても、一般の薬には心を変えられる薬はありません。しかし、身体の不調が治れば心の不調も治るのです。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

まあ『心の治療』って言っても、それじゃ範囲が広すぎて漠然としすぎてるからね!だけど、怪我や風邪が治ったら心が元気になるように、体の不調が治れば心にも影響してくるよね!詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • ED治療薬の粗探しは、本格的なものを厚生省が行っている
  • ED治療薬によって心の回復もあり得る
  •  

     

    目次

     

     

    ED治療薬の粗探しは、本格的なものを厚生省が行っている

     

    EDの薬と言えば、

     

    代表的なEDの薬
  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス
  •  

    ED治療

     

    が現在の主流の薬だ。これらの薬の副作用については、『ED改善薬であるバイアグラやレビトラが及ぼす効果と副作用』に書いた。書いたというか、副作用なんてほぼない。

     

    いや、あるといえばある。例えば、風邪薬でも鼻炎薬でも、飲んだ後に『車の運転をしないでください』として、記述されているが、なぜそうした『制限』をかけられなければならないのだろうか。普通、副作用がなければ、そういうことにはならない。

     

    風邪を治すのが主作用(風邪自体は治らないが)。そしてそれ以外の作用がないなら、風邪とは全く関係ない車の運転について、書いてあるわけがない。

     

    ED治療

     

    つまり、書いてあるということは風邪薬には『眠気が起きる』という副作用があるということになる。こういったことで考えれば、全ての薬には何らかの副作用があるというものだ。

     

    従って、バイアグラ等もニトロ処方などと併せて服用すると危険だ。そう考えると、その他の薬だって『混ぜるな危険』は、ある。

     

    だから薬の副作用というのは、ある種の粗探しのようなものだ。例えばAmazonなどのショッピングサイトのレビューには、必ず自作自演的な悪質なレビューがある。自分の商品を他人のふりをして高評価を付けたり、ライバルの商品を客のふりをして難癖をつけたりして、情報を自分の都合のいいように歪曲させるものである。

     

    従って、ED治療薬の副作用というものも、同じように考えればいい。あると言えばある。だが、それはある種の粗探しのようなもので、その粗探しだったら、もうとっくに本格的な粗探しを厚生省が行っている。それを通して認可されたのだ。その事実を冷静に考えた方が良い。

     

    主なED治療薬が認可された年は、下記の通りだ。

     

    認可された年

    バイアグラ 1999年
    レビトラ 2004年
    シアリス 2007年

     

    これが認可が下り、発売された年だ。

     

    ED治療

     

    ED治療

     

    ニワトリ

    厚生省の粗探しほど信頼できるものはないからね!素人が粗探しするよりもよっぽど厳密に、専門的にやってくれたはずだから。

    ぴよぴよ(たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • ED改善薬の副作用は、あるといえばある。
  • たしかにバイアグラ等は、ニトロ処方などと併せて服用すると危険だ。
  • 粗探しだったら、もうとっくに本格的な粗探しを厚生省が行っている。それを通して認可された。
  •  

     

    ED治療薬によって心の回復もあり得る

     

    さて、これらED治療薬が心の治療にも役立つということだが、それは本当だろうか。そんな、『副作用』どころか、『第二の主作用』のような有難いことがあるのだろうか。

     

    答えは、Yesだ。

     

    まず、『ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)の各特徴』にも書いた様に、このバイアグラの成分であるシルデナフィルを用いた『レバチオ』という薬は、肺高血圧症の治療薬として2008年に認可され、シアリスは膀胱をリラックスさせ、残尿感を解消させる効果があるため、前立腺肥大症の治療薬として、臨床試験中だ。

     

    つまり、これらEDの治療薬は、ほかの病気にも効果があることが発見されている。

     

    そして『心の病気』についてもそうだ。心と体は繋がっている。体が不調になれば、心の不調も起きる。心が不調になれば、体の不調も起きる。従って、風邪を引いて寝込んだ人が、

    (そういえば随分風邪を引いて寝込むなんてこととは無縁だったけど、子供の頃、こうして辛くて動けなくなるまで体調を崩したことがあったっけなあ。やっぱり健康でいるってことは当たり前じゃないし、有難いことなんだよなあ。)

     

    と思って健康に戻った時に人一倍元気になるように、EDについても同じ現象が起きるということだ。

     

    ニワトリ

    心と体は繋がっているってことだね!だから、EDの改善によって自信を取り戻して、快活な生活を取り戻すことができれば、それに伴って様々な恩恵を得ることができるよ!人はそういう生き物だからね!

    ぴよぴよ(親分が、それについての詳細をまとめた記事のリンクを貼ったっす)!

     

    Check!!

    いつも心が愉快であることの、甚大な恩恵を知れ。

    心が常に愉快であることは、至極の宝である。

     

     

    この章のまとめ
  • EDの治療薬は、ほかの病気にも効果がある。
  • 心と体は繋がっている。
  •  

     

    関連記事

  • ED改善薬の効果とその仕組み。利点や副作用
  • ED治療薬は心臓への負担があるのか
  • バイアグラもポストイットもタルトタタンも皆失敗の産物
  • バイアグラを飲んではいけない人はどういう人か
  • バイアグラが有効ではない人はいるのか
  • ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)を飲むとどうなるか
  • ED治療薬(バイアグラ、レビトラ、シアリス)と車の運転
  • バイアグラは硝酸剤との併用が危険。では、レビトラは?
  •  

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP