ED治療のノウハウを自分のものにする

広告

 

 >

 

ED予防や治療に役立つ『加圧トレーニング』

 

質問

加圧トレーニングってEDの余病や治療に役立つの?

 

答え

血流をコントロールする加圧トレーニングは、理論的にEDの予防や治療にも役立ちます。

 

どーもっ!ものしりニワトリです!この記事に書かれた情報を、補足したり解説するナビゲーターだよ!

ニワトリ

ED治療に役立つのは血流を良くする運動やストレッチ!じゃあ、血流をコントロールして鍛える加圧トレーニングの場合ってどうなんだろう?詳しく解説するね!

ぴよぴよ(親分に任せれば大丈夫っす)!

 

目次

 

  • 加圧トレーニングがEDの予防と治療になる?
  • 血行が良くなり血流量も多くなる
  •  

     

    目次

     

     

    加圧トレーニングがEDの予防と治療になる?

     

    ED予防や治療に役立つストレッチや運動』にも書いた様に、『血流をよくする』ということがED治療の為のキーワードとなる。ということは、『加圧トレーニング』でもその効果があるのではないかと考えられるわけだ。

     

    ED治療

     

    加圧トレーニングというのは、腕や大腿の付け根を圧力で締めて血流を適度に制限することで、短時間のトレーニングでも大きな効果を得られる、というトレーニング法である。

     

    このトレーニングのメリットは、以下のものが挙げられるため、

     

    加圧トレーニングのメリット
  • 多くの成長ホルモンを分泌させることができる
  • 関節や人体にかかる負担が軽い
  • ダイエット
  • 若返り効果
  • 美肌効果
  • 怪我の回復力アップ
  • 筋力アップ
  •  

    利用者からすれば、こんなに楽しいトレーニングはないということになる。

     

    ED治療

     

    ニワトリ

    加圧トレーニングは一時ほど流行的ではなくなったけど、実際の効果だけを考えると、こんなにもメリットが多いんだね!そして、この加圧トレーニングを有効に使って、ED治療を考えたいわけだ!

    ぴよぴよ(わけだ)!

     

     

    この章のまとめ
  • 加圧トレーニングはメリットが多い。
  •  

     

    血行が良くなり血流量も多くなる

     

    では、それがEDに効くというのはどういうことだろうか。普通に考えたら、『腕や大腿の付け根を圧力で締めて血流を適度に制限する』のだから、血流が制限されちゃうから逆に悪いじゃん、と考えるかもしれないが、それはよくよく考えてみればわかるはずだ。

     

    ダムの堰止め』を想像する。すると、ダムの堰(せき。水を止めるストッパー)によって、貯水池側には水が溜められ、反対側には止められたか細い水流が、ちょろちょろと流れているイメージが浮かんでくる。加圧トレーニングとは、まさに血流をこうした状態に持っていくことと同じなのだ。

     

    血流を止められた制限ある体で動こうとすると、ちょっとの動きで大量の負荷がかかる。だから『短時間のトレーニングで効果が出る』というキーワードが出ているわけだ。

     

    ED治療

     

    では、その血流の制限を外したあと、つまりダムの堰止めを外したあと、水は、血流は、どうなると思うだろうか。堰が外れたあとの水流は、ドバーッと勢いよく流れるはずだ。このとき、血流はどうなっているだろうか。滞っているだろうか。それとも良好になっているだろうか。

     

    血行が良くなり血流量も多くなることで、様々な身体的メリットがあると考えられる加圧トレーニングは、ED治療にも有効かもしれない。

     

    ニワトリ

    下半身の血流をよくするために行うストレッチや運動について考えた時、『だったら、血流をモロ良くする加圧トレーニングとかって超いいじゃん』みたいな考え方ができるってことだね!理論的には目的は達成できるよね!

    ぴよぴよ(たしかに)!

     

     

    この章のまとめ
  • 加圧トレーニングは、血行が良くなり血流量も多くなることで、ED治療にも有効かもしれない。
  •  

     

     

    コンプレックスに関するその他の情報

    ワキガ

    ワキガ

    ワキガのノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    口臭

    口臭

    口臭のノウハウ、レポートを徹底検証し、ご紹介させていただきます。>>詳細を見る

    カテゴリー

    ↑ PAGE TOP