世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDの原因となる6つの身体的な要因

EDの原因となる6つの身体的な要因

 

1:高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化

これらの病気は陰茎の血管に影響を及ぼす為、血液を十分に送り込むことが出来なくなってしまう。

 

2:脊髄損傷、多発性硬化症、前立腺や結腸など骨盤内の外科手術

これらでは、神経が傷ついて中枢神経と陰茎の神経とがつながらない状態になることがあり、器質的障害が起こる。

 

3:腎疾患、肝疾患、ホルモンの病気

男性ホルモンが不足する為、性欲や勃起そのものが起こりにくくなる。また、ホルモンの分泌が少なくなると、精液量自体も少なくなるので射精が起こりにくくなる。

 

4:副作用としてEDを引き起こす薬物

一部の降圧薬や血糖降下薬、抗潰瘍薬、自律神経約、うつ病治療薬などは、袱紗長としてEDを引き起こす。

 

5:喫煙、過度のアルコール摂取

煙草は血液の循環に悪影響をもたらし、アルコールは中枢神経系を抑制するように働く。アメリカの研究で、高血圧の患者59人を調べたところ、喫煙者の半分が勃起不全(ED)であり、吸わない人にはいなかったという。これには医学的な裏付けがある。喫煙をするとニコチンが血管を縮めるため、血液が固まりやすくなり、ペニスへの血流障害を起こすからである。

 

6:自転車

サドルへの落下による直接的な外傷以外にも、硬いサドルによる慢性的な会陰部の圧迫のために血流障害や知覚障害を起こし、それがEDにつながる。

 

EDの原因となる6つの心理的な要因』と併せて考えてみても、EDにはこうした様々な要因が考えられるわけである。例えば、1に『高血圧、高脂血症、糖尿病、動脈硬化』とあるように、身体の状況が不健康であれば、血流が悪くなってEDにつながる。ということは、健康に気を付けるようなアプローチをすれば改善できることがわかるわけだ。

 

  • 動物性たんぱく質の過剰摂取
  • 運動不足
  • ストレス解消
  • たばこ

 

アルコール等も、ここに挙げられることは明白。そしてなんと、これらに関しては、

 

 

といった、多くの人間が密かに抱えるコンプレックス的な悩みにも通じている要因であり、結局は健康的に生きることほど最善なことはないということがわかるのである。『百害あって一利なし』という言葉があるが、健康とはまさに、『百利』だ。