世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDを認めない弊害を知る。『克服する為に直視する』のだ。

 

自分のことをEDだと認めない人間心理はよくわかる。わかるが、もしそれをしたことで自分が強い人間だと思っているなら、皆目見当違いだ。『強さ』とは『弱さを認めないこと』ではない。

 

作家、 島崎藤村は言った。

 

自分の弱さ、弱点を隠蔽することは、弱者の基本中の基本の行動である。そして『プライド』とは、その事実を真正面から見て、そして目を逸らさずに、顔を赤らめ、恥を覚え、『克服する為に直視する』選択肢を選ぶ、高潔な人間に備わる矜持のことである。うつ病あがり症ワキガ口臭薄毛、これらのコンプレックス的な問題を抱える人にとっての最初にして最大の一歩は、『認める』ことなのだ。

 

もし自分に、

 

  • 持続力がない
  • 勃起はするが挿入前に萎えてしまう
  • 勃起はするが硬さが完全ではない
  • 中折れしてしまう
  • 妻以外の人には勃起するが妻には勃起しない
  • 自慰行為は出来るがセックスはできない

 

というような要因が一つでも当てはまるようであれば、それはもう『ED』なのだ。まずはそれを認めることが最初にして最大の一歩だ。

 

なぜ最大かというと、その一歩を踏み出してしまえば、後はもう『回復の方向』へと一歩ずつ進めていけばいいからだ。まるで、汽車が路線変更をしてその軌道を修正するように、間違った線路の上を走っていては、いつまで経っても目的地に辿り着くことはできない。

 

新渡戸稲造は言った。