世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

睡眠不足や不規則な生活でEDになる理由とは

睡眠不足や不規則な生活でEDになる理由とは

睡眠とEDの関係性はどういうものがあるだろうか。一見すると、全く関係ないようにも思える。ただ寝るだけで、何でEDが治るんだよ、という意見も聞こえて来る。またあるいは、『勃起っていうのは子孫を残す為の緊急反応だっていうぞ。だとしたら睡眠不足のような状況の方が、勃起しやすいんじゃないのか』という意見も聞こえて来る。

 

だが、基本、うつ病あがり症ワキガ口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本の最適化だ。

 

そしてやはり、このEDという問題にすら、そうした基本中の基本がおざなりになることは、影響を及ぼすのだ。

 

通常、成長ホルモンやメラトニン、性ホルモンなどの重要なホルモンは、夜に眠ることでたくさん分泌される。だが、これを不規則にしてしまうと分泌される量が少なくなる。ということは、ホルモンの量が少なくなってきた男の身体には、徐々に何らかの意見が起きることになるのは想像にた易い。今回のテーマであれば、EDだ。特に、勃起というものは男性ホルモンが欠かせない。とにかく、この男性ホルモンが低下させるようなことはしないことが大原則なのだ。

 

また、二次的な弊害もある。例えば、睡眠不足、あるいは不規則な生活リズムにあるということは、何らかの歪みが起きている可能性がある。例えば、

 

  • カフェインの摂りすぎ
  • 薬物の乱用
  • 繰り返される夜遊び
  • 行き過ぎた飲酒・喫煙
  • 寝坊による反動
  • 抑圧された精神

 

等、これら全てのことは、ED以上の問題を引き起こすことにもなりかねない。睡不足とEDの問題を通して、人生の生き方全体の再考を検討したい。