世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

糖尿病が招く弊害は動脈硬化やEDだけではない

糖尿病が招く弊害は動脈硬化やEDだけではない

 

と併せて考えていきたい。その『糖尿病とうつ病とEDの関係性』では、糖尿病とED、あるいはうつ病に関しての関係性をまとめた。だが、実は糖尿病と併発する病気は、それだけではないのだ。

 

合併症の多くは神経と血管が障害されることが原因で、全身の様々な部位に起こる。腎機能不全で人工透析が必要になる人が多く、糖尿病は人工透析が必要になる原因の第1位であるという。失明したり、壊疽で足を切断しなければならないこともあるというのだから、全く穏やかな話が一つも出てこない。

 

糖尿病は、『勃起にとって必要な神経の伝達と血液の流れに弊害が出る糖尿病』にも書いた様に、血液中の糖(血糖)が必要以上に多い、という状態になってしまう病気だ。体内で処理しきれない糖を尿と共に排出するので、『糖尿病』という名前がついているわけである。そして、なんらかの原因によってインスリンの分泌が悪くなったり、正常に作用しなくなると、全身の神経と血管に異常が起こる。だから、糖尿病の人がよく『インスリン注射』をしているが、あれは、その不足してしまったインスリンを注射によって外部から補い、調節を保とうという対処法なのである。

 

糖尿病には、そのインスリン分泌がうまく行かない1型というタイプがあるが、それは極めて少数であり、一般的な糖尿病の原因は、

 

  • 食べ過ぎ
  • 飲み過ぎ
  • 運動不足
  • 喫煙
  • 過度な飲酒
  • ストレス

 

といった、不規則かつ不健全な生活態度が引き起こす生活習慣病である。糖尿病に限らず、上に当てはまるようなことをしていれば、ありとあらゆる病気を引き起こすことを覚悟する必要がある。

 

それだけではない。基本、うつ病あがり症ワキガ口臭薄毛等といったこれらのよくある人間のコンプレックス的な問題も、『食事、睡眠、運動』という基本中の基本を、極めて最適化することで、ホルモンや脳内物質のバランスを最適化し、美と健康を維持、向上させることが出来る。これは、全ての専門書を見れば明らかになることだ。タバコやストレスも、全ての専門書に必ず『NGだ』と出て来る。

 

従って、糖尿病だけではないのだ。もう、それらの当てはまる不健全な生活を送ることを押し通すのであれば、ありとあらゆる弊害を背負う覚悟をしなければならない。

 

まるで、ヘロインや覚せい剤だ。確かに麻薬の中には、一度やっただけで心身をぼろぼろにし、取り返しのつかない事態に発展しないものもある。だが、ヘロインや覚せい剤、あるいはLSDというものをやるなら、覚悟しなければならない。あれらはたとえば、『風邪薬』のように、『効果が切れる』ということが、『ない』と考えた方がいい。つまり、一度やったら、もう、その味を忘れることはできない。まるで、美味しいジャンクフードを食べたら、二度とその味を忘れることがないように。