世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

器質性、心因性の他の2つのEDパターン

器質性、心因性の他の2つのEDパターン

EDの原因の割合と性機能障害の種類』の記事に、半数以上のEDは精神的な理由であり、その原因の割合は、

 

  • 心因性=52%
  • 器質性=48%

 

また年齢は、

 

  • 40代=20%
  • 50代=40%
  • 全体の人数=1130万人

 

と言われていると書いた。だが、そこに更に付け加えるなら、

 

  • 混合型ED
  • 薬剤性ED
  • 全体の人数=1800万人

 

というキーワードである。まず簡単な人数の話からするが、これは、1998年の調査結果で1130万人だと言われていて、しかもそのEDの患者数の中には『軽度な症状』の人は入っていなかった。そして、現在の人数は1800万人ほどにまで増えている、ということが考えられているのである。ここからわかるのは、『EDの人数は思っているほどかなり多い』ということだ。しかも、『軽度ではない』人だけでカウントしているのだから、(これはEDに一応なるだろうな)という人を含めれば、更に数は増えるということになる。

 

まあ、でもこれは簡単なからくりで、(これはEDに一応なるだろうな)という人などほぼすべての男が当てはまるのだから、それは当たり前だ。そしてすぐに治る。それが『軽度』である証拠だ。そしてもう一つは、日本が抱える『高齢者社会』の問題だ。日本の少子高齢化は、世界が認める決定的な事実だが、そう考えれば、『男の中に高齢者の絶対数が多い』という図式がすぐに浮かんでくるわけで、だとしたら、『高齢者=ED(も含めた様々な病気を抱えている)』ということがわかるわけだから、EDの人数がそれだけ多くても、別にうなづける話だ。

 

また、ここに付け加えた『混合型ED』と『薬剤性ED』の詳細はこうだ。

 

混合型ED

動脈硬化が進行していたり、生活習慣病であったりする人が、更に何らかの精神的なストレスを受けて、EDを発症する。従って、心因性と器質性、そのどちらかということではなく、どちらも少しずつ影響している、ということはよくあることである。

 

薬剤性ED

薬によって引き起こされるEDだ。

 

 

等にも書いた様に、様々な薬によってEDが引き起こされることがある。その他にも、

 

  • 利尿剤(サイアザイド系利尿剤)
  • 降圧剤(末梢性交感神経抑制剤)
  • 抗うつ剤(三環系抗うつ剤)
  • 抗精神病薬(フェノチアジン系抗精神病薬)
  • 睡眠剤(バルビツール系睡眠剤)

 

などがある。