世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

女性版EDのFSDとその背景にある日本人の性生活の実態

日本人の性生活の満足度はどれくらいあるの?

日本人の性生活の満足度は、世界でワースト1です。

馬並師匠

なんと、日本が世界で最下位なんだね!何が原因なのかなあ?やっぱりサイズなのかなあ?いや、アジア人はもっと平均サイズが小さい国があるから、サイズじゃないだろうね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

性生活の満足度ワースト1の日本

 

といった記事で、EDとFSDが引き起こす弊害について考えてきたわけであるが、実は、FSDの原因というものは、単に男性側の『ED』ということだけに問題があるのではない。

 

 

実は、イギリスのコンドーム会社Durexが行っている『デュレックスセクシャルウェルビーイングサーベイ2007』によると、世界の主要26か国2万6000人以上を対象にセックスライフに関する調査をしたところ、日本は、

 

  • 年間のセックス回数
  • 性生活の満足度

 

といった項目で、ともに最下位という結果を叩きだしてしまっている事実があるのだ。

 

 

この調査結果を知るまで、私は後者の『性生活の満足度』だけの情報は知っていた。しかし、『年間のセックス回数』までもが最下位であるという調査結果を見た時、これはただ事ではないと思ったわけである。

 

つまり、『性生活の満足度』であれば、私はこう思っていたのだ。

 

やっぱりこれって男性器のサイズのことが関係しているのかなあ。だとしたら身長や肌の色と同じで、もう自分の意志とは関係ないから無理だからなあ。責任を負いようがないし、責任を押し付けられるのも理不尽だ。

 

しかし、これが『年間のセックス回数』までも入ってくるとなると、いささかそうは言っていられなくなるわけだ。

 

馬並師匠

日本人の性生活の満足度が低いのは結構みんなも知っていると思うけど、ワースト1だったんだね!しかも、サイズとかじゃなくて、年間のセックス回数なんだから、そりゃあ男性側に完全に原因があるね!
でも、なんでそんなに回数が少ないっすか?

さる

馬並師匠

考えられるとしたら、『性器のサイズ、日本食、日本人の美徳・道徳』あたりの問題だろうね!日本食の場合、闘争本能が出るような食事ではなく、健康的だから、性欲はあまり増進されない。
確かに、日本は逆に、長寿としては世界一っすね!

さる

馬並師匠

うん。長寿世界一の称号と引き換えに、性生活の満足度が最下位になっている可能性はあるよね!つまり食事が関係しているかもしれないよ!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • 日本は年間のセックス回数、性生活の満足度、ともに最下位。

日本人の『あえて言わない美徳』は女性にとってうれしいのか

例えば、日本人男性は『愛している』と言わない。太宰治はこう言い、

 

木村拓哉はこう言い、

 

ナイチンゲールはこう言ったが、

 

日本人と男性というキーワードとはかけ離れているナイチンゲールでさえ、『言葉の重要性』には首をかしげている。普段、愛しているという言葉を軽々しく使う人間が、土壇場になって簡単に逃げ出した、という事実を知っているのかもしれない。

 

しかし、それが真理だとしても、それとは相反して蔓延している人間心理というものは、『やっぱり言ってくれなければわからない』というものなのである。

 

 

女性は、言葉も少なく、セックス回数も少ない男性に魅力を覚えることが出来ない。その心の在り方が正しいかどうかはさておき、そうした人間心理が蔓延していることが事実で、それらがFSDの原因となっていることもまた、事実なのだ。

 

馬並師匠

日本人には『粋』という概念があって、『あえて言わない美徳』がある。まあ何が理由かはわからないけど、結局は性生活の満足度がワースト1だっていう現実を、直視したいね!
それが現実っすからね!

さる

この章のまとめ
  • 結局は性生活の満足度がワースト1だという現実を、直視する。