世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

薄毛治療薬の『プロペシア』がEDの原因となる?

薄毛治療薬の『プロペシア』がEDの原因となるって本当?

本当です。ただし、その可能性はわずか1%にも満たないものですので、『本当です』と言わないわけにはいかない、というレベルです。

馬並師匠

どんな薬にも副作用はあるからね!風邪薬だって頭痛薬だって、箱の後ろを見れば必ず副作用について書かれているよ!プロペシアの場合はどうなんだろう?詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

抗うつ薬や男性型脱毛症薬の副作用でEDになる?

抗うつ剤の『SSRI』がEDの原因となる?』では、EDとうつ病の治療薬が関係しているということについて触れた。

 

SSRIという薬を服用すれば、心を安定させる脳内物質であるセロトニンが枯渇するのを防ぎ、精神の乱れを防ぐことが出来る。だが、実はこのSSRIを服用すると、その副作用として勃起・射精が抑えられてしまうわけである。そして今回取り上げるのは、薄毛治療薬の『プロペシア』がEDの原因となるかどうかということについてである。

 

男性型脱毛症を引き起こす物質は、男性ホルモンであるテストステロンが、毛根の5α―リダクターゼという酵素により、変化したジヒドロテストステロン(DTH)という物質。男性型脱毛症の治療薬であるフィナステリド(商品名プロペシア)は、この酵素の働きを阻害してDHTを減らし、男性型脱毛症の進行を抑制する。

 

 

このフィナステリド(商品名プロペシア)はなかなかの優れもので、服用した人の実に6割ほどが、薄毛の改善に役立った、という結果が出ているのだ。だからそれはひとまず良い事だ。とても良い。

 

馬並師匠

まずフィナステリドっていうのは薄毛治療に効果があると認められているっていう事実を理解するべきだね!それはすごいことだよね!だけど、様々な副作用もあるんだ!薬は大体あるけどね!
このフィナステリドは妊娠中の女性は、特に使っちゃダメっす!

さる

この章のまとめ
  • SSRIを服用すると、その副作用として勃起・射精が抑えられてしまう。
  • フィナステリドは妊娠中の女性は、特に使用厳禁。

EDになる可能性は実際には1%もない

だが、もしそのプロペシアがEDの原因となっているのであれば、また違う問題となるわけだ。女性の中には、『薄毛は気にしないが、EDはやだ』という人だっている。従って、ここで考えたいのは、EDとプロペシアの関係性である。

 

実は、確かにこのプロペシアには副作用として、下記といった症状が表れてしまうという。

 

プロペシアの副作用
  • 性欲減退
  • 勃起障害
  • 射精障害
  • 精液減少

 

だが、間違えてはならないのは、これらの症状が引き起こされる確率は、1%もない、という事実である。つまり、0.数%という確率でしか発症しない為、あまり気にする必要はないということなのだ。

 

これぐらいだったら、よく市販の風邪薬や頭痛薬を飲んで引き起こされる様々な副作用と同じレベルのものだ。悪条件がたくさん重なり合えば副作用が出ることはあるが、きちんと用法・用量を守って服用すれば、ほぼ問題ないということなのである。

 

更に、ED治療薬とプロペシアを併用することも、何も問題ないという。もちろん、その薬がなんなのかということで変わってくるが、もし名の知れない変わった薬であれば、医師に相談してから服用したいところだ。

 

馬並師匠

ただし、副作用が『ある』といっても、『ないと言ったらうそになる』っていうレベルなんだね!また、医者の中には『むしろ性欲は増進するはず』って言う人もいるくらいだよ!
師匠が下記に、フィナステリドについての詳細をまとめたリンクを貼ったっす!

さる

この章のまとめ
  • プロペシアの副作用は0.数%という確率でしか発症しない為、あまり気にする必要はない。
  • ED治療薬とプロペシアを併用することも、何も問題ない。