世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

セックスレスとEDと暴力は女性を虚無にさせる。だが…

セックスレスで、EDで、暴力をふるわれた。その場合、もう絶対男性側が悪いよね?

たしかにそれらは女性にとって悪です。しかし、そのキーワードが出ているだけで判断するのは短絡的です。

馬並師匠

一見するとそのキーワードが出ているだけで、もう100%男性側が悪い気がするけど、そんなことはないよね!冷静な人はわかるはず!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

セックスレス、ED、暴力というキーワードが出ていてもまだわからない

セックスレス、ED、暴力。こんなトリプルパンチを加えられたら、どんな女性だって精神的に大ダメージを与えられる。更に、そのうちセックスレスとEDの原因が、他の女生徒の浮気や不倫だとしたらどうだろうか。

 

しかも、自分よりも若くて胸の大きな女性だ。これで精神が崩壊しない女性がいるなら、尊敬に値する精神力の持ち主だ。滅多にいるものではない。だから『いない』と言っておいた方が良い。

 

 

EDを治して欲しいと願う女性の本音とは』にも書いたが、EDになっただけでも女性からしたら大ダメージなのだ。しかし、そんな明らかな状況であっても、それに至った原因次第では、いささか一辺倒に男だけを切り捨てることはできない。

 

もちろん、どんな理由があっても暴力は許されることではない。だが、同じくらい『だからといって暴力を振るわれないという前提で人の心を逆撫でする』のも許されることではない。

 

 

馬並師匠

暴力をふるったら、それだけでその人が完全に悪者扱いされるっていうのは穿ったものの見方だね!法律でも確かに『先に手をあげた者はどちらか』によって話が大きく変わるけど、それだけで決めるのは短絡的すぎるよ!
その前にとんでもないことをされていたかもしれないっすもんね!

さる

この章のまとめ
  • 暴力をふるったら、それだけでその人が完全に悪者扱いされるっていうのは穿ったものの見方。

女性の浮気が原因だったらどうなる

例えば、暴力は絶対に許されないという原則がある。それはいい。誰もがわかることだ。だが、目の前で罪のない子供が暴漢や変質者によって頭を思いっきりひっぱたかれているのを通行人として見た時、そして、次の瞬間、その暴漢が泣き叫ぶ子供に苛立ち、『完全に沈静化』させようと近くの大きめの石を拾って手に取り、今まさにその子供の頭を叩き割ろうというシーンを見てしまったとき、

 

言葉では言うことは聞かない。距離としても走って間に合わない。だが、落ちている棒切れを拾ってその暴漢に突っ込んでいけば、リーチ的に何とかその暴漢に突き当てることが出来る、ということが頭の計算で分かったその時、本当に人間は『暴力は絶対に許されない』という原則をひた守り、その暴漢に暴力をふるうことをしないだろうか。

 

 

『正当防衛』という考え方もあるように、時に『人を殴りつける』、あるいは『殺傷する』という行為は、正当化されることがある。もちろんそれは究極の場面だが、だが、『究極』というのが曖昧な話で、人にとっては、大事にしていたゲームのデータを親に黙って消されたら、頭の中が真っ白になり、激昂し、感情を抑えることが出来ず、暴力的になってしまうこともある。

 

では、EDと暴力とセックスレスというテーマで考えた時、そりゃあ女性の立場からして、女性が意見をするとなれば、女性側に有利になるように、味方集めの為に話をするだろう。

 

だが、それは本当に偏っていないだろうか。偏っていない場合もあれば、偏っている場合もあるだろう。もしかしたらそのセックスレスとEDの原因は、その女性の浮気や、怠惰、悪態による、男性の心因的なものだったのかもしれない。

 

そして暴力は、女性が執拗にEDになる自分を責め立て、まるで『EDの男なんて価値がないから死ね』とでも言わんばかりに追い立て、精神的に追い込んだことが原因なのかもしれない。その暴力は、そんな自分を守るために使った最後の手段であり、正当防衛のつもりだったのかもしれない。

 

実際のところは本人たちだけが知っているだろう。だが、セックスレス、ED、暴力という明らかに男が悪いとしか思えない大問題も、紐解いてみると、実際の現実はもっとドロドロした理由が存在しているのかもしれない。

 

馬並師匠

つまり、セックスレス、ED、暴力っていうキーワードが出ているからといって、ただそれだけで短絡的に解釈し、男性側を一方的に批判するというのは、いささか甘い考え方ってことになるね!人間関係の問題は常に、双方にあるのさ!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • セックスレス、ED、暴力っていうキーワードが出ているからといって、ただそれだけで短絡的に解釈するのは、いささか甘い考え方。