世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDを『治したい』と思わないのであれば治す必要はない

別にEDを『治したい』と思わないんだけど、それってどうなの?

EDを『治したい』と思わないのであれば治す必要はありません。人間にはいろいろな事情があります。

馬並師匠

人間の思考っていうのは複雑だからね!複雑で繊細!だから、無理にやりたくないことをやる必要はないんだ!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

精神的な部分がEDの原因の最重要な要素である

EDを改善させるために最も有効な方法とは、当然、

 

  • 心因性=52%
  • 器質性=48%

 

ということで考えても、精神的な部分が半分。そして、器質性、つまり機能性に関することが半分なわけだから、『精神的な部分』が極めて重要になってくる。

 

何しろ、精神的な部分で、『EDを治す必要がないよ』と思っているようであれば、まず心因性の部分でアウト。そして、器質性の部分でも、改善の方向に向かって努力しようとしないからアウト。ということになる。

 

 

本人が、EDを治してセックスをしたいと思わなければ、別にEDは何の弊害もないわけだ。また、様々な状況がある。例えば、その人が結婚していなかったり、あるいは結婚をしたけど離婚したり、あるいは結婚をしたけど死別することになったり。

 

EDとなり、セックス願望がなくなるということは、人それぞれのそれなりの理由があるというものなのである。

 

しかし、ここで考えたいのはあくまでも『精神的な部分がEDの原因の最重要な要素である』ということだ。心因性によく挙げられる、例えば『EDの原因となる6つの心理的な要因』に書いたような基本的なことはもちろん、本人がセックスを望むことがない、という状態である以上、ED改善の方向には向かっていかないだろう。それが決定的な事実だ。

 

馬並師匠

人間にはいろいろな事情があるからね!深刻な話になるけど、東日本大震災のとき、放射能汚染を心配して自衛隊の人が地域の人々を避難させたけど、とある老人は、『いや、私はこのまま家に住む』って言って、かたくなに拒否したんだ!
色々な事情があるっすね!

さる

この章のまとめ
  • 本人が、EDを治してセックスをしたいと思わなければ、別にEDは何の弊害もない。
  • 人間にはいろいろな事情がある。
  • 精神的な部分がEDの原因の最重要な要素である。

心底から願う気持ちが現実を作る

とある刑務所の懲役囚の話だ。周りの人間は、『早く出所したい』と口を揃える。その理由は様々だ。全く反省していない人間は、早く出所して私利私欲を満たしたい。反省している人間は、家族の元へいち早く帰って罪を償いたい。皆、様々な理由を抱えて、今日も明日も、懲役の日々を過ごす。

 

しかし、その懲役囚は『出所しなくてもいいんだ』と言うのだ。実は彼は、外に出ても家族がいないらしい。親にも棄てられて、最初から孤児なのだ。

 

 

友人にも裏切られた。もっとも、友人の作り方や、人間関係の在り方を知らなかったのは、棄てた親の責任が甚大なところであるが、とにかく彼は、そのまま刑務所にいたかった。三食の食事が出て、独りぼっちにならずに済んで、何かをしたら叱ってくれる。

 

別に一生ここで暮らしてもいいや。

 

彼はそう思っていたという。それ故、彼は問題児だった。問題を起こして懲罰房へ入れられても、何も問題なかった。刑期が延びようが、叱られようが、むしろそれは思い通りだったのだ。

 

 

だが、一人、また一人と刑務所仲間の連中が出所していくのを見た。彼はさびしくてたまらなくなり、次第に孤独を感じた。彼らが家族に手紙を書いているのを見て、心に虚無を覚えた。

 

そして彼は入所してから十数年後、出所して自分の家族が持ちたいと思った。その後彼は、生まれ変わったように生活態度を改めるようになった。彼が出所する頃、刑務官の人達は涙を流していた。

 

お前、もう二度と戻ってくるんじゃないぞ。お前の居場所は、ここじゃないんだ。

 

彼は今までの刑務所生活を思い出し、刑務官と刑務所の方角に深々と頭を下げ、涙を流しながら、しばらく頭を上げなかった。その後彼は、温かい家庭を築いた。それは彼が、温かい家庭を築きたいと心底から願ったからだった。

 

 

馬並師匠

人間にはいろいろな事情がある。治したいと思わなければ治す必要もないし、治らないものなんだ!もしEDについて悩んでいる人がいるなら、心底から(治したい)と念じることが大事だね!
そういう思考のすごい力について、師匠が下記にリンクを貼ったっす!

さる

この章のまとめ
  • 治したいと思わなければ治す必要もないし、治らないもの。