世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

人に言いづらく敷居が高いED治療の改善に必要な考え方

EDって人に言いづらくてコンプレックスを感じるんだけど、なんかアドバイスない?

考え方の話をしているわけですから、考え方の転換をすることが最適な判断です。

馬並師匠

コンプレックスとか悩みっていうのは、結局人間の脳がはじき出した結論だからね!そう思う人もいれば、個性だと思ってむしろ武器にする人もいる。全ては考え方次第だよ!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

『基準から逸れる』と不愉快になる生き物

EDというのは人に言いづらいものである。他にも、

 

 

など、そのどれもが言いづらく、人の目を気にしてしまうものである。

 

 

またあるいは、

 

  • 尿失禁
  • 下痢
  • 便秘

 

などもそうだ。こうした症状に悩む人は、便秘以外は正直少し、軽蔑視される傾向にさえある。まことに理不尽な話である。だから、人はこれらの症状を抱えていながらも、こっそりと治療をしていく、ということが起きてしまっているのである。

 

 

世界には、『人の10倍の速度で年を取る病気』を患った人がいて、当然その人は、自分の親よりも早く老化し、死んでいったわけだが、世の中に目を広げれば、実に様々な病気があるわけで、それらをあまり差別して見ない様にしたい。

 

しかし、人間というのは『基準から逸れる』と不愉快になる生き物だ。左右非対称よりは左右対称がよく、同性愛よりは異性を愛するべきだと思う。醜い顔の人がスクリーンに映るよりも整った人に映ってもらいたく、学校や会社で協調性のない人は煙たがられる傾向にある。

 

 

馬並師匠

EDも含めたコンプレックス系は人に言いづらいからね!だからこそこういうWebサイトなんかは役に立つはずだよ!こっそりと一人で見て勉強できるからね!
たしかに!

さる

馬並師匠

また、人は協調性を強く意識する生き物だからね!特に日本人がそうだね!ニューヨークなんかは様々な人種がいて、『人種のるつぼ』なんて言われているけど、島国の日本は、排他的発想になりやすいかもしれないね!
ガラパゴス携帯もそういうことっすよね!

さる

この章のまとめ
  • EDも含めたコンプレックス系は人に言いづらい。
  • 人間というのは『基準から逸れる』と不愉快になる生き物。

EDが病気か人間が病気か

病気も同じだ。学生時代、自分がそれによっていじめにあったか、あるいはいじめる側にいたか。精神未熟なその時代なら何が起きてもおかしくはない。だが、時には死に至ることもあるなかで、病気への偏見と差別ということは、軽はずみな話ではない。

 

そんな中、EDという症状に絞って考えた時、以下の記事にも書いた様に、

 

 

逆にあっけらかんと、開き直りたいのである。

 

ジャングルにいる動物などを見ていると、川から浮かんできたカバなどの動物に、たくさんの鳥や虫がたかっているのをよく見かける。地球に生きる生命の姿は、恐らく最初はああいうものだったのだが、人間だけはここまで潔癖症になってしまい、様々な害虫対策をするなど、排他的になってしまった。

 

 

もちろん、様々な感染症や病気の影響もあるだろう。それを治すために、あるいは長く生きていくために、人間はここまで潔癖症になったのだ。

 

だが、もしかしたら人間のこの潔癖症こそが、病気なのかもしれない。

 

ドイツの哲学者、ニーチェは言った。

 

そしてニーチェの言うように、人間自体が、地球にとっての病気なのかもしれない。

 

馬並師匠

考え方の根本的な変換だね!コペルニクス的転回とも言えるけど、『EDが異常』なのではなく、『人間自体が地球にとっての病気(ウイルス)』と考えれば、EDなんてどうでもよくなってくるかもしれないね!
そういう考え方もあるっすね!

さる

この章のまとめ
  • 『人間自体が地球にとっての病気(ウイルス)』と考えれば、EDなんてどうでもよくなってくるかもしれない。