世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDの改善を考えるならまず食事面を徹底的に改善する

EDと食事は関係あるの?

あります。まず、メタボリックシンドロームになると、EDのリスクが上がります。生活習慣病として、糖尿病や動脈硬化になっても、血流不全によってEDの可能性が高くなります。

馬並師匠

EDの改善をする際に、食事管理の徹底をすることは避けて通れないよ!逆に言うと、食事管理を徹底すれば案外EDが治ったりするかも!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

EDの改善を考えるならまず食事面を徹底的に改善する

EDと食事については、

 

 

と併せて考えたいわけだが、まず何と言っても気を付けたいのは、下記の二大生活習慣病である。

 

生活習慣病
  • 糖尿病
  • 動脈硬化

 

 

そしてそれらを誘因するコレステロールの過剰摂取に注意することだ。その為に食事の摂取方法を徹底する必要がある。

 

食事のポイント
  • 甘いものを控える
  • 油の多いものを控える
  • ドカ食いをやめる
  • 睡眠2時間以内に食事をしない
  • 空腹時間を作らない様にする

 

という基本的なことは当然だ。

 

 

最後の『空腹時間』だが、これとドカ食い、睡眠2時間というキーワードが出ているのは、『体内蓄積』を防ぐことが根幹にある。空腹時間でいえば、あまり長い空腹時間があると、やっとありつけた食事を脂肪として体内に蓄積し、『飢餓』を乗り越える為に自己防衛に走る。今では余計な能力だが、原始時代は最高の能力だったのだ。

 

 

ドカ食いも同じだ。人間は、一度の食事で消化できる量に限界がある。従って、一度に食べ過ぎてしまうと、消化できなかったものは脂肪として蓄積される。まあ、この『脂肪の蓄積』ということで言えば、上に挙げた全ての要因がその誘因となる。

 

脂肪の蓄積がある体はメタボだ。

 

 

にも書いた様に、メタボリック症候群自体がEDとして危険信号であるにも関わらず、さらに、これら生活習慣病の原因でもあるわけだから、食事の徹底がEDに効く、ということは間違いようのない事実である。

 

馬並師匠

メタボ自体がEDのリスクがあるし、生活習慣病として、動脈硬化や糖尿病も血流不全によってEDとなるリスクが高くなるから、EDを改善しようと思ったら、食事管理は避けて通れないよ!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • 食事の徹底がEDに効く、ということは間違いようのない事実。