世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

バイアグラもポストイットもタルトタタンも皆失敗の産物

バイアグラって何かの研究の副作用で発見されたって本当?

本当です。薄毛治療薬のフィナステリドやミノキシジルも、ポストイットもタルトタタンも、皆、そのような形で発見、発明されています。

馬並師匠

偶然の産物っていうのは結構よくあることでね、このバイアグラもそうなんだ!これは普通のことなんだよ!むしろラッキー!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

タルトタタンは『失敗の産物』だった

バイアグラというのは、ED治療薬だ。勃起を促す薬。そして、ポストイットというのは付箋メモだ。どこにでも貼り付けられ、そしてすぐに剥がせる利便性がある。そしてタルトタタンというのは、アップルタルトだ。

 

 

では一体、バイアグラ、ポストイット、タルトタタンに何の共通点があるというのだろうか。

 

リカルド・セムラーの著書、『奇跡の経営』にはこうある。

失敗は、私たちにはやってはいけないことを教えてくれるものだというのは、誤った考えです。

 

タルトタタンが、そのよい例です。フランスの有名なアップルタルトは、まさに失敗の産物でした。 ある日、ビストロを開業している二人のタタン姉妹は、お店のオーブン時間前に、必要なアップルタルトのパイ生地が間に合わず焦っていました。そこで早くしようと、パイ生地をリンゴの上に置いて、 15分焼き、それを取り出して上下逆さまにおいてみたら…あーらびっくり、アップルタルトのできあがり!これがタルトタタンの誕生 秘話です。

われわれは、失敗にまつわる大発明の例を数えきれないくらい知っています。コロンブスがインドへの 航路を西に取ったことが、新大陸の発見につながった話は有名です。幸運は、成功に最も必要とされるものです。

 

しかしだからといって幸運をあてにするのは賢明ではありません。幸運は、努力と成功を追い求めた結果、 訪れるものです。重要なのは、その前の準備です。そして幸運が訪れたときに、すぐにそれをつかむことです。

 

つまり、タルトタタンは『失敗の産物』だった。本来、違う物を作ろうとしていたのだ。その過程で出来たものだった。

 

馬並師匠

この失敗がなければタルトタタンというスイーツはなかったのかもしれないね!そう考えると、この世に失敗なんてないんだね!全てが何かに繋がっている!
師匠が下記に、失敗に関してまとめた記事のリンクを貼ったっす!

さる

この章のまとめ
  • タルトタタンは『失敗の産物』だった。

バイアグラは『狭心症や心不全の治療薬』として開発されていた

そして、バイアグラもポストイットも同じなのである。

 

 

ポストイットは、『のり』の失敗作から生まれた商品だ。まるで粘着性の弱いのりが出来てしまった。だが、ある日教会で聖歌を歌っているとき、ふと本からしおりが落ちてしまい、そこに不便さを感じた開発者が、例の『失敗作』を思い出した。そして、『気軽に貼れて、気軽にはがせる』ことをコンセプトにした、あのポストイットが生まれたのだ。

 

バイアグラも同じだ。バイアグラは最初、『狭心症や心不全の治療薬』として開発されていた。だが、それでは成果を上げることが出来なかった。しかし、どうもそこで開発した薬が、EDの改善に役立つということがわかった。

 

また、育毛剤の『リアップ』という製品も同じことが言えるという。あれの有効成分であるミノキシジルは、最初、血管拡張剤として開発されていた。しかし、どうも『体毛が濃くなる』という作用が現われてしまった。それなら、いっそのこと育毛剤として開発を進めよう、ということであの商品が誕生したのである。

 

馬並師匠

バイアグラは最初、『狭心症や心不全の治療薬』として開発されていたんだね!その『副作用』としてEDが治ることを知ったんだ!だったらそれを『主作用』として、それ狙いで薬を作ろうということになったんだね!
研究の世界では、そういうことが多いっす!

さる

この章のまとめ
  • バイアグラもポストイットも同じ、失敗の産物。
  • ミノキシジルも同じ、失敗の産物。