世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

バイアグラ等のED治療薬が薬局で買えない理由とは

バイアグラ等のED治療薬が薬局で買えない理由は?

ニトロ処方等と併用すると命の危険がある薬だからです。

馬並師匠

基本的に薬は、副作用が強くなるものほど扱いが難しいということで、市販では売られない傾向にあるね!間違って使ったら取り返しのつかないことになるからね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

バイアグラ等のED治療薬が薬局で買えない理由とは

こちらの記事は、

 

 

と併せて考えていきたい。現在ED治療薬の主な商品には、

 

代表的なEDの薬
  • バイアグラ
  • レビトラ
  • シアリス

 

 

というものがあり、これらはすべてEDの改善に極めて有効な薬品である。しかし、市販として薬局では買えない現実があるのだ。それは一体どうしてだろうか。

 

 

それはやはり、『硝酸剤との併用で大変な問題が起きる』ということが最大の理由だという。そういう組み合わせ次第で危険な薬品になる薬というものは、やはり無知な一般人が市販で自分の好き勝手に買えてしまうのは危険であり、その道をとことんまで勉強したプロである専門家、つまり、医師によって処方されることが望ましいわけである。

 

 

ということは、逆に言えば市販で買える薬というものは、そんなに『ふり幅』がないということになる。大きく改善もしないし、大きく体調を崩すこともないということだ。ビタミン剤とまではいかなくても、それほどの強い作用のする薬は売っていないということなのだ。

 

例えば睡眠薬で考えても、『睡眠導入剤』などは売っているが、『ハルシオン』などの強い睡眠効果のある睡眠薬は市販されていない。間違って軽い気持ちで服用したり、あるいは悪用してしまうことが起きてしまうのも、医師と面と向かって処方された薬であれば、多少の抑止にはつながるというものなのだ。

 

それ故、医療関係者に知り合いがいるという人は、薬を頼みやすい環境にある、というメリットがあるのが現実だ。不正にやることはもちろん駄目だが、やはり知り合いにそうした関係者がいると、いない場合に比べ、敷居が低くなるというのが本当のところである。

 

馬並師匠

つまり逆に考えると、市販薬っていうのは『毒にも薬にもならぬ』っていうことだね!もちろん大量に服用すれば危険だけど、病院で処方される薬ほど危険なものはあまりないっていうことだね!
知識ない人が買えるレベルってことっすね!

さる

この章のまとめ
  • 現在ED治療薬の主な商品は、市販として薬局では買えない。
  • それはやはり、『硝酸剤との併用で大変な問題が起きる』ということが最大の理由。