世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

オナニーの回数が多いとEDや病気になる?勃起に与える影響とは

オナニーの回数が多いとEDや病気になるの?

EDや病気にはなりません。

 

むしろ、『廃用性萎縮』の面から考えると、ある程度した方がいいということになります。しかし、オナニーができればEDではないというわけではないので、やりすぎるといざという本番で機能しないこともあります。

馬並師匠

回数が多いからといって病気にはならないけど、多すぎると様々な問題が起きるかもしれないよ!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

オナニーの回数が多いと不健康になる?

オナニー(マスターベーション、自慰行為)の回数が多いと、心身が不健康になるという噂があります。確かに、射精によって栄養が出てしまい、また、射精後の疲労感を考えたとき、体に負担がかかるような気がします。更に、逆に射精をしないで我慢したとき、体中にエロパワーがみなぎるような気もしますから、それを考えると、射精をしてしまうとどんどん外にエネルギーが漏れるような気がします。

 

 

しかし、私が持っている男性機能の専門書には、『精子が作られるのには2~4日かかる』とか、『オナニーをし過ぎると病気になる』といったたぐいのことは記載されていません。むしろ、原則的にはオナニーを推奨するようなことが書かれている場合もあります。まあ、『ED=病気』と考えるのが基本ですから、EDになるならそれは当てはまりますけどね。

 

『パンツの中の健康』にはこうあります。

<ペニスは勃起させていないとダメになる>

 

(省略)廃用症候群という言葉があります。使わない機能は衰えるということです。脳梗塞のリハビリでは、原則として少しでも早くリハビリを始めます。そうしないと関節が固まってしまい、もう動かせなくなってしまいます。これは筋肉でも骨でも同じことです。

 

(中略)

 

ペニスだって、排尿にしか使っていないと勃起しづらくなります。ペニスの中の動脈の反応が悪くなりますし、海綿体の平滑筋はだんだん退化し、繊維化していきます。白膜も硬化します。だからたまにセックスしたってうまくいきません。すると、また遠ざかることになってしまうのです。本当に性行為は習慣化しないとだめです。

 

そういう意味では、パートナーがいない人でも、マスターベーションをなさるといいと思いますよ。射精が無理でも、せめて勃起の習慣をうけておいたほうがいいですね。

 

マスターベーションを推奨していますね。これは、廃用症候群の観点から考えたことです。下記の記事でも『脳トレや筋トレ』と同じように考えることを書きましたが、男性の場合、常に勃起しているくらいでちょうどいいんです。

 

 

例えばこの朝立ち、夜間勃起現象が起きないと、むしろそれは危険です。EDになるリスクが高くなると言っていいでしょう。

 

ED

 

馬並師匠

精子として栄養が外に出て、元気もなくなって眠くなるっていうことで、どうもそういう印象があるよね!
たしかに!

さる

この章のまとめ
  • ペニスは勃起させていないとダメになる。
  • 夜間勃起現象が起きないとEDになるリスクが高くなる。

女性の意見は?

また、女性の専門家の意見もあります。『女医から学ぶあなたの魅力が10倍増すセックス』にはこうあります。

風俗やアダルトビデオのメリットとは?

 

人間は、飽きる動物です。脳内ホルモンの一種である『ドーパミン』は、快感を得たときに分泌されますが、刺激がなくなる、つまり飽きてくると、それが枯渇してしまうこともわかっています。同じ相手と長く付き合っていれば、性交渉の面で飽きが来るのは仕方のないことです。

 

けれども抑えきれない、恋人同士ではどうしても解消することのできない性欲もあります。そんな性欲を発散させる場所は必要だと思います。風俗やアダルトビデオを私は否定しませんし、浮気だとは思いません。

 

もちろん、けっしていい気はしないですが、ほかの女性に気持ちを移される方が、ずっと嫌な気分になります。

 

男性から見ても女性から見ても、自慰行為、つまりオナニーというのはそこまで蔑視されていません。むしろ、浮気や不倫行為に走るよりは、よっぽどそうした方がいいと、そう主張しています。

 

 

男性専門家の意見は、論理的であり、男の気持ちを理解してくれていて、スムーズに受け入れられます。女性専門家の意見も論理的ですが、女性としての感情が入っています。『けっしていい気はしない』と。それが素直な意見です。

 

しかし、それを踏まえた上でも、男性の性質がそうである以上、ということで、それを容認してくれています。男女は元々考え方も脳の使い方も違いますから、それを俯瞰で見て、公平に考えることができる女性は、理解力のある女性ですね。全ての人がそういう理解ができるわけではありません。本でも、そのように注意しています。

 

また、男女の性への考え方について、『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』にはこうあります。

衝動的で激しい男の性欲には、はっきりとした目的がある。-人類という種の存続だ。自分の種を反映させるために備えていなければならない条件がある。性欲が強烈で、なかなか衰えないこともその一つだ。セックスのチャンスはいつどこで訪れるかわからないし、いざというとき、敵が潜んでいるのではと思って気が散るようでは困るのだ。

 

○男は敵につかまったり、殺されるのを避けるために、短い時間で何度もオーガズムに達する必要がある。

 

原始時代から作られている、男性の基本的な構造があります。本では、

 

男のセックスは電子レンジ、女のセックスはオーブン。

 

と表現していますが、まさにその言葉が男女のセックスに対する考え方を表しているでしょう。また、次の言葉も的を射ていますね。

 

女に必要なのはセックスする理由、男に必要なのはセックスする場所。

女は愛する男とたくさんセックスしたがる。男はとにかくたくさんセックスをしたがる。

 

この本は、男女の間になぜこのような差異が生まれてしまったのかを細かく分析していますから、詳しくは本を購入し、考えてみてください。

 

であるからして、男女両方に性欲はあり、セックスによって得られる恩恵があるのですが、男女の性質の差異からして、男はとにかくたくさんセックスをしたがる。つまり、たくさん勃起して、たくさん射精をしたがる傾向があります。

 

 

女性もオナニーをしますが、男性はそれ以上にします。ですから、

 

  • アダルトグッズ
  • アダルトビデオ
  • エロ動画
  • 風俗

 

などの性的なサービスを展開する業界は、ほとんどが男性向けに設定されています。女性向けもありますが、売り上げのほとんどは男性が担っているのです。下記の動画は、AV女優の『真野ゆりあ』さんのyoutubeですが、そこで彼女はこう言っています。

 

『365日中の2,3日は、たしかにエッチがしたい気分になる』

 


 

もちろんこの動画自体は、出会い系サイトの案件動画でもあるので、すべてが本音ではないでしょう。しかし、その部分で嘘をつく意味もありませんから、そうした意見は本音だと考えられます。もちろん個人差はありますが、やはり男女にある性欲の差は、違いがあるでしょうね。

 

また、彼女の動画でほぼ本音で話しているセックスについての動画がありますので、そちらをご覧いただくと、女性の気持ちがよくわかるでしょう。

 


 

とにかく男女には差異があります。男性が性欲旺盛で、常に勃起し、オナニーをして射精をするのは、普通のことなんですね。まずはそれを理解する必要があります。

 

馬並師匠

男女の価値観が大きく違うことがこの一面からもわかるよね!差異を考えながらうまく折り合いをつけていきたいね!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • 女性からすると、浮気や不倫行為に走るよりは自慰行為をしてくれた方がいい。
  • 男は敵につかまったり、殺されるのを避けるために、短い時間で何度もオーガズムに達する必要がある。
  • 男のセックスは電子レンジ、女のセックスはオーブン。
  • 女に必要なのはセックスする理由、男に必要なのはセックスする場所。
  • 女は愛する男とたくさんセックスしたがる。男はとにかくたくさんセックスをしたがる。

本来の人間の本性とは

『脳とカラダの不思議 (にちぶんMOOK)』にはこうあります。

一般の動物は、育てやすい季節に出産を行えるように発情期というものが脳の中にプログラミングされているが人間の場合はいつでもセックスが可能だ。これは、脳の中の大脳皮質が深く関係している。生殖に関するメカニズムを担っているのは脳幹にある視床下部であるが、人間の場合は大脳皮質の前頭連合野も性行動に深く関係している。

 

もし、視床下部だけに性行動が支配されているとしたら、人はひたすら欲望の赴くままにセックスを求めて、社会的な秩序はあっという間に崩壊してしまう。

 

つまり人間は、たとえその相手が既婚者であっても、自分のタイプであれば心の中で、

 

SEXしたいなあ。。

 

と思ってしまう生き物なのです。それを、前頭連合野で制御し、

 

ダメだ!彼女には夫がいるんだ!俺も妻がいるし…

 

として、その性衝動を抑えているだけなのです。そう考えると、オナニーをするしないというよりも、人間なんてほとんどチンパンジーすれすれですよね。ですから、その湧き上がる性衝動に、過剰反応する必要はないのです。

 

違う人に魅力を感じてしまった。だけど、心のなかで問いかけた。誰が一番好きなのかと。そしたら、妻だった。

 

そういう心の処理でいいのです。それが至極、人間らしいのです。

 

馬並師匠

脳の部分では、いつでもセックスのことを考えているんだね!それを理性でもって制御しているだけにすぎないんだ!
うーむ、なるほど!

さる

この章のまとめ
  • 人間の場合はいつでもセックスが可能。

マスターベーションができるかどうかはEDの指標にはならない

ただし、気を付けることがあります。『オナニーのしすぎ』ということですね。『ササっとわかる 男性機能の不安に答える本-ED治療の最前線』(講談社)にはこうあります。

マスターベーションができればEDではない?

 

(省略)一方、マスターベーションは他人を必要としない行為であり、したがって、他人と一緒にいるときのような緊張を強いられることもありません。このようなリラックスした状態では、副交感神経が働き、勃起のメカニズムも機能しやすくなります。EDの人でも、マスターベーション時には勃起できるというケースがしばしばみられるのはそのためです。したがって、マスターベーションができるかどうかは、EDの指標にはならないと考えた方がいいでしょう。

 

マスターベーションをしすぎると、それに『慣れすぎる』リスクがあります。勃起の仕組みを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    エッチな刺激
     
  • STEP.2
    ※副交感神経興奮
     
  • STEP.3
    NO(一酸化窒素)放出
     
  • STEP.4
    cGMP増加
     
  • STEP.5
    陰茎海綿体平滑筋弛緩
     
  • STEP.6
    勃起
     

 

※の部分ですね。副交感神経が優位になり、リラックスした状態が勃起の条件です。マスターベーションに慣れすぎると、いざセックスのときに緊張してしまい、交感神経が優位になるリスクがあります。

 

オナニーの時みたいにうまくいかないぞ…

 

なんて思って焦れば、更に交感神経が優位になりますからね。するとEDになる可能性があります。それから、『カスタマイズされすぎた性的刺激』もそうです。自分で一人Hばかりしていると、セックスのときに、相手の刺激では物足りず、勃起しなかったり、射精できなかったりする可能性があります。これは非常に多い現象ですね。

 

 

『ニッポン男子の下半身が危機的なことに気づいたワタシ (扶桑社新書)』にはこうあります。

間違ったマスターベーションもEDの一因に

 

(省略)『布団などに強く押さえつけると、勃起が不十分になるという問題もあります。いずれにせよ、強い刺激ばかり与えていると感度が鈍くなり、膣の圧では気持ちよさを感じられなくなってしまうのです。よって、中折れするなどして射精にまで至れない。

 

このようなリスクがあるということを覚えておく必要があります。

 

 

男性が常に性的興奮を覚え、勃起し、オナニーをして射精をしようとするのは異常ではありません。しかし、あまりその一人Hに独特の癖をつけたり、あるいはそれらに慣れすぎてしまい、考え方が偏ってしまうと、弊害があります。そのことについてよく考え、健全なオナニーライフを送りましょう。

 

馬並師匠

あまり自慰行為に慣れすぎてしまったり、独特の癖をつけないようにしたいところだね!
たしかに!

さる

この章のまとめ
  • マスターベーションができるかどうかはEDの指標にはならない。

エロ動画が簡単に見れる時代のデメリット

以前、タレントのビートたけしさんが、

最近は簡単にエロ動画なんか見れて便利になった。だけど、それで性欲処理が簡単にできるんで、それも最近の若者が結婚から遠のいている事実に関係していると思う。

 

と言いましたが、私もそれはそう思います。今はもう、人目を気にして自動販売機でエロ本を買ったり、ビデオ屋で知り合いに会わないようにビクビクしながらエロビデオを借りる必要はないのです。

 

パソコンやスマホで、いつでもエロ動画が見れる時代です。黎明期はそれによる悪質な被害がありましたが、今はもうほとんどの人が使い方をわかっていて、200円も払えば好きな動画が安全に、かつ誰にも知られることなく見られることがわかっています。

 

 

ビデオの場合、AVを借りて、返すときにまた新しく借りて、というストレスがありました。その都度、

 

店員にどう思われているのかなあ…

 

と 余計な心配をする必要があり、それが抑止力となり、エロパワーが抑えられていることがありました。しかし今は、誰にも知られることなく、自宅のパソコンでクリックを何回かするだけで動画が好きなだけ買えます。

 

性欲があり、それを一人Hで解消するのは構いません。しかし、あまりにもその欲求をストレートに解消し続けることの弊害を考えたとき、オナニーはほどほどが一番いいのかもしれませんね。

 

馬並師匠

時代はどんどん変化しているから、男性の性欲処理に『生身の女性』を必要としなくなる時代がくるかもしれないね!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • オナニーはほどほどが一番いい。