世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDの原因は草食思想?草食系男子のEDを改善する方法は?

EDの原因は草食思想?

そうでもあるし、それだけではないとも言えます。事情はたくさんあります。

馬並師匠

そもそも草食系男子っていう概念は一人の女性が作ったもので、存在しなかったわけだからね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

草食系男子のEDを改善する方法

草食系男子のEDを改善する方法はいくつかあります。

 

  • 草食系男子が肉食系男子になる
  • 女性側が肉食系になる
  • 女性側が食虫植物系女子になる
  • エロ動画やアダルト業界が世の中から淘汰される
  • 世の中から多様性をなくして思想を統一する
  • ED治療薬を使う

 

このあたりがポイントですね。

 

草食系男子が肉食系男子になる

まず最初に考えるのは何と言ってもこれですね。草食系男子と呼ばれる男性たちが、肉食になればいいだけです。ただ、そうはいっても簡単にそうならないのが現実ですけどね。しかし、実際にはこれが実現できればこの問題は解決するのです。

 

 

草食系男子が多くなった理由はたくさんありますよね。まずはパラダイム転換でしょう。男性には常に野心があり、エネルギーがみなぎっていました。少し前のテレビ番組などを見てみればその様子は見てとれます。

 

例えば、深夜には女性の半裸姿が当たり前のように放映されていたり、ドッキリ番組でもお色気は多かった。また、暴力的な行為にも多少は寛容があり、番組内で堂々とタバコを吸うのは当然でした。

 

ドラマではナイフが出てくるし、犯人が車を運転すればシートベルトは使いません。バラエティで無茶をしても下に視聴者向けのお断りテロップは出てきませんし、観客席には男性がたくさんいて、怒号が飛び交い、客席とトラブルを起こすこともありました。

 

 

今ではこのようなことはほとんどありません。全て、時代の変化によって規制がかかったり、コンプライアンスが更新されたり、視聴者のクレームBPOの管理によって、丸く収めるようにコントロールされています。

 

このような時代の流れが、その渦中を生きる世の男性たちにも影響を与えています。今でももちろん男性にはリビドー(性衝動)がありますが、それが抑圧されているのです。間違いなく、一昔前の時代と比べれば、解放感が違う。

 

技術も進化したし、家族の在り方や育て方も変化しました。『ゆとり世代』という概念も出てきましたし、戦争のことをほとんど知らない人が世の中の大多数を占めるようになりました。こうした様々な条件が複合的に絡み合って、『草食系男子』という概念も捻出されるようになりました。

 

 

男は真冬でも外で鼻水垂らして元気よく遊べ!

 

と言われた時代はもう過去のもので、今の子供たちは手に任天堂DSを持ち、あるいはスマホやパソコンを使いこなし、youtubeで動画を見ます。『なりたい職業』の上位を占めるのがyoutuberというのも、一昔前にはありえない現実でした。

 

男女平等』という概念が浸透してきていることも影響しています。男尊女卑があって、女性が残業すると白い目で見られた時代の方が、実は男性のリビドーは野生化しやすかったかもしれません。男がそれくらい傲慢であり、女性がおとなしかった方が、『狩る側』、『狩られる側』という関係性が成り立ちやすかったのかもしれません。

 

間違いなく男性は、一昔前に比べると『野生化すると損をする』という概念が頭に焼き付いていて、理性的になったでしょう。こうした理由も、草食系男子が増えた原因の一つとなっているはずです。

 

ですから、これら全ての条件が変化しなければ、かつてのような肉食系男子は増えることはないでしょう。そもそも、『かつての肉食系男子と比べて』ということが前提で、この『草食系男子』という言葉が捻出されたのですからね。その根幹にあるのは、過去にしがみつく人間の執着です。

 

『過去のようにあるべきだ』という執着があるから、今の時代の変化を憂う人間の悩みが生まれるのです。しかしそうなると、最近当たり前のようになってきた『LGBT問題』など、そういったことも全て過去に戻す必要があります。

 

 

それについて正確な答えを言える人はどれだけ言えるでしょうか。『偏った意見』ではなく、『正確な意見』です。それはとても難しいことですよね。

 

『草食系男子が肉食系男子になる』。これが実現すれば話は終わりです。しかし、肉食系男子というのはそもそも『過去のモデル』であるという現実があります。その過去と比較して、『過去の方が優れたモデルである』と思うのは、短絡的かもしれません。

 

確かに結婚率が下がり、少子高齢化になり、世の女性が憂いている、というデータから、こうしたモデルが『過去より劣っている』と考えるのは一理あります。しかし、時代は常に変化しています。男性も女性も、無理に今の考え方に矯正されたのではなく、時代を生きていたら自然と今のようになった。それを考えると、問題は『世の男性』にあるのではなく、もちろん『世の女性』にあるのでもなく、『時代』にあるのではないでしょうか。

 

それであれば、『草食系男子が肉食系男子になる』ためには、『時代が変わる』ほかありません。つまり、人間なんてそもそも主体的に生きる人なんかほとんどいないんだから、また時代が変わればここでいう『肉食系男子』が増えてくるということ。そう考えると、まるで氷河期があって、そうじゃない時代があり、それが繰り返されるように、ただただこれはそういった大きな時代の潮流に任せるしかないのかもしれませんね。

 

 

馬並師匠

単純に、時代が変われば人間は変わるからね!またいつか人口が90億人を超えるころ、人と生殖について考えさせられるときがくるよ!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • 草食系男子と呼ばれる男性たちが、肉食になればいいだけ。
  • 『草食系男子が肉食系男子になる』ためには、『時代が変わる』ほかない。

女性側が肉食系になる、女性側が食虫植物系女子になる

そういうことを考えると、女性側が肉食になる、あるいは女性側が食虫植物系女子になるという流れができてもおかしくはありません。それは自然とそうなったのなら、それが自然な流れだと考えることができます。

 

 

何しろ、男尊女卑が解消されつつあり、男女平等がうたわれはじめているのです。ということは、そうした女性がリードすることがあってもおかしくありませんね。

 

女性から積極的に誘うか、あるいは食虫植物のように、表面的にはリードしませんが、誘惑して誘い込み、男性を捕食する。そうやって女性側が頭を使って男性を捕まえてもいいわけですからね。男女平等というのなら、別に男性側だけに責任を押し付ける必要はないのです。

 

クレオパトラは言いました。

 

2,000年前の時代を生きた彼女もそうした言葉を言ったわけです。女性側が頭を使って、食虫植物的に男性をコントロールする。そういうことは、何も今の世に限ったことではないのです。ですから、男性側がたとえどうであれ、女性側がしっかりしていれば、この問題も大した問題ではなくなりますね。

 

 

馬並師匠

男性だけに求めるのではなく、女性にも変化が問われるね!男尊女卑を改善したいというなら、女性も考え方の転換が必要かもね!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • 女性側が肉食系になる、女性側が食虫植物系女子になる。

エロ動画やアダルト業界が世の中から淘汰される

以前、ビートたけしがこう言っていました。

今の男は、エロ画像とか動画を見ようと思えば簡単に見れる。 それでずいぶん満たされちゃうと思うんだよな。世の結婚率が下がってるのも、それが結構影響していると思う。

 

私は今の世を生きる男性として、これは一理あると思いましたね。というか、常々そう思っていたことを、たけしさんが言ってくれたのです。

 

私が10代の頃は、ギリギリ自動販売機でエロ本やエロビデオを買う時代でした。その後にインターネットやAmazonが世に浸透し、近所にあった本屋、CDショップが次々につぶれ、そうした光景が世間から消えていきました。

 

 

当時、公園などにあった雨でぬれたエロ本は、ページがくっついていてなかなか見れませんでした。しかし、我々子供たちは、その『レア性』に心を奪われ、ときめき、興奮していたのです。宝探しにも似た高揚感をもって、そういう異性の神秘性に目を光らせていました。

 

ビデオ屋で18歳未満禁止ののれんをくぐるのもドキドキしましたね。友人の家にエロビデオがあると聞けば、皆でかけつけました。親に隠れてこっそりとそういう本も所有していました。そうしたものを手に入れることは、一大イベントだったのです。

 

 

そういう風にある種抑圧された性的欲求は、異性への興味を常に失わせないための条件として、必要だったかもしれません。当時は当然今よりも若いということもあったのでしょうが、『女性と会える』というだけでドキドキし、何よりもそれを優先しようとして、頭がそれでいっぱいになっていましたね。

 

しかし今はどうでしょうか。正直、たけしさんが言うように、性的欲求は常に満たされています。クリックすれば簡単にエロ動画が見れるからですね。しかも、200円やそこらでレンタルができる。ビデオ屋に行かなくてもいいのです。店員にどうみられるかも気にする必要がありません。

 

 

当時、『アダルトビデオの無限ループ』という言葉が仲間内で言われていました。エロビデオを一度借りると、返すときにまた違うものを借りて、永久に家からエロビデオがなくなることはない、という状況を言い表したブラックジョークですが、今、その無限ループは更に難易度が下がり、いつでも好きな時に、気軽に新作ビデオを見ることができるようになってしまいました。

 

男は一度射精すると、ある種の『悟り』を開きますからね。だから射精する前と射精後の性格が違うのです。

 

『新装版 話を聞かない男、地図が読めない女』には、

男のセックスは電子レンジ、女のセックスはオーブン

 

とありますが、徐々にあったまっていく女性と違って、男性は一気に燃え上がって、オーガズムに達したらすぐに冷え切っていきます。ですから、男性のリビドーは、多少抑圧されているくらいでなければ暴走しにくいんです。常に性的欲求が満たされてしまっていたら、男性は悟りを開き、草食化するんですね。

 

そうした事実を考えたとき、たけしさんの言うように、この利便性の向上した時代を生きる男性は、実は『恵まれている』のです。性的欲求を常に満たすことに成功しているんですからね。

 

しかし、問題となっているのはその代償に少子高齢化、結婚率の低下という現象が起きているということです。ですから、『快楽が満たされ恵まれている』と思うか、『結婚と出産の使命を果たせず不幸である』と思うか、このあたりの部分まで思慮を潜らせないと、この蔓延した状況は改善しないように思えます。

 

馬並師匠

この便利な時代とともに失ったものもあるからね!またいつか除菌されすぎて免疫力が弱まった人が病気を生んだりする可能性も出るよ!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • エロ動画やアダルト業界が世の中から淘汰されることを待つ。

世の中から多様性をなくして思想を統一する

この、多様性を無くして思想統一をするというのも、一つの考え方です。『男はこういうもの』、『女はこういうもの』、『人はこうして生きるべき』という風に、モデルをある程度統一すれば、問題は解決しやすくなります。

 

しかし、そうなると先ほど出たようなLGBTの問題や、男尊女卑、倫理、基本的人権の尊重、差別や宗教的な問題など、様々な別の問題が浮上することになります。多様性を認めた延長線上に、

 

  • テロリスト
  • カルト教団
  • LGBT
  • ジェンダーレス
  • ゆとり世代
  • 草食系男子
  • だらしない女性

 

等が生まれている現実があります。もちろん、ここに挙げている人を一緒くたにしているわけではないので誤解しないようにしたいのですが、しかし、多様性を認めるとこういう風に、『それぞれの違った生き方』をするように助長され、その中で『草食系男子』というカテゴリーが生まれても仕方ないことになってしまいます。

 

それに、思想統一は無理ですからね。しかし『もし』と考えたとき、やはり多様性をこの世からなくすことは無理があります。テロリストやカルト教団が消滅するのはいいのですが、どこまでが多様性で、どこまでがそうじゃないかという問題を各人が『基本的人権の尊重』と『~の自由』の中で見極めるのは、困難を極めますよね。

 

 

 

馬並師匠

世の中から多様性をなくして思想を統一するのは現実的ではないね!だけど多様性を尊重すると様々な人の人生と思想が正当化されて、不和は起きるかもね!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • 世の中から多様性をなくして思想を統一する。

ED治療薬を使う

最後にED治療薬について考えましょう。単純に、これを使えば勃起は促されます。そしてその現象が成功体験となり、セックスの喜びを知ることに繋がり、男性が肉食化するということもあるかもしれません。ED治療薬については下記の記事に書きましたので併せてご確認ください。

 

 

さて、草食系男子とEDという問題について、様々な角度から考えてきました。状況はたくんありますし、こういう現実が起きたのも実に様々な条件が複雑に絡み合ったからです。ですから一概には言えませんが、皆さんはこの時代に生まれたこうした現象を、どのように受け止めるでしょうか。

 

馬並師匠

ED治療薬を使えば、男性がEDになろうがどうなろうが、高い確率でそれが改善するからね!強制的だけど、そこから始まるものもあるしね!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • ED治療薬を使う。