世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDを自宅で改善しよう!一人でできる効果的なツボ押しとは

一人でできるEDに効果的なツボは?

以下にまとめました。

馬並師匠

ボは気休め程度にしかならないと思うよ!プロが押すならまだしもね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

EDに有効なツボはある?

EDに有効なツボをまとめました。ツボを押すと得られる効果は、基本的に『血行促進』です。血行がよくなればEDも予防・改善できます。勃起の仕組みを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    エッチな刺激
     
  • STEP.2
    副交感神経興奮
     
  • STEP.3
    NO(一酸化窒素)放出
     
  • STEP.4
    cGMP増加
     
  • STEP.5
    陰茎海綿体平滑筋弛緩
     
  • STEP.6
    勃起
     

 

という流れが勃起の仕組みなのです。ですから、血行を促進するものは全てEDに効くと言っていいのです。

 

 

湧泉(ゆうせん)
足の指を曲げると、足の裏に大きなくぼみができますが、そこにあるツボです。血行促進作用があります。
次りょう(じりょう)
仙骨(背中の骨盤あたり)にある4つのくぼみのうち、上から2番目のツボです。ここを押すと腰回りの血行が良くなります。腰痛にも効きます。

 

 

大赫(だいかく)
おへそから拳一個分下の、中心より指半分(5㎜程度)の外側にあるツボです。 このツボは精力増強の効果があり、男性ホルモンの分泌を促します。
大椎(だいつい)
首を前に倒すと首の後ろで骨が出っ張りますが、その真下にあるツボです。 このツボは自律神経の乱れを正常に戻す効果がありますので、男性更年期障害などで悩む人に効果的です。同じく、以下の6つのツボも同じように自律神経を正常に戻す効果があります。
百会(ひゃくえ)
頭のてっぺんにあるツボ。自律神経のバランスを整えてくれる。
内関(ないせき)
中指の延長線上を手首関節の横ジワから前腕を指3本分伝ったところにあるツボ。
太谿(たいけい)
足の内側のくるぶしから膝に向かってたどると、へこんだ部分があります。そこにあるツボです。
商陽(しょうよう)
人差し指の爪から3ミリ下の親指側の所(両手)。
三焦経(さんしょうけい)
左手の薬指の爪から3ミリ下の所(左手のみ)。
労宮(ろうきゅう)
手のひらの中央。手を握った時に中指の先が当たる所にあるツボです。いずれも、自律神経を整えたり、緊張を緩和したり、あるいは血液の循環を良くする効果があるので、男性更年期型生涯、あるいは緊張型ED等に有効です。

 

 

三陰交(さんいんこう)
足の内側のくるぶしに小指をあて、ちょうど人差し指の上にあるツボ。押すとわずかに痛みを感じます。 婦人病にも有効なのですが、男性の場合でもEDなどの性機能障害に有効だとされています。
横骨(おうこつ)
先ほど説明した大赫から、指1本分下にあるツボです。主に泌尿器に作用し、頻尿などに効果があります。 EDにも有効です。
安眠(あんみん)
耳の後ろにあり、頬杖をつき、手の指をほっぺたではなく耳の後ろに回したとき、手の中指が当たる部分から指1本分上にあるツボ。これはその名の通り、安眠を促すツボです。安眠できるということは、副交感神経が優位になっている状態ですから、EDの改善となります。もう一度勃起の仕組みを見てみましょう。

 

参考 血行がよくなるツボ特集イスクラ冠元顆粒(かんげんかりゅう)公式ブランドサイト

 

  • STEP.1
    エッチな刺激
     
  • STEP.2
    ※副交感神経興奮
     
  • STEP.3
    NO(一酸化窒素)放出
     
  • STEP.4
    cGMP増加
     
  • STEP.5
    陰茎海綿体平滑筋弛緩
     
  • STEP.6
    動脈血大量流入
     
  • STEP.7
    勃起
     

 

という流れが勃起の仕組みなのです。※の部分ですね。勃起とは、副交感神経が優位にならないと成り立たないのです。交感神経と副交感神経については、先ほども張りました緊張型EDの記事に詳しく書きました。

 

 

馬並師匠

これらのツボを正確に、正確な強さで押すって、難しいと思うよ!だからやるならプロにやってもらった方がいいかも!
たしかに!

さる

この章のまとめ
  • EDに有効なツボを確認する。

血行促進と精神安定がカギ

これらのツボを大まかにまとめると、

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

ということになります。血行促進をすれば、頭痛や腰痛、眼精疲労、そしてEDなどの症状が改善されやすくなります。精神安定は、高ぶった神経がおさまって、自律神経が整ったりします。そうすると不安や緊張といった感覚が薄まり、リラックスしていきます。

 

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですから、副交感神経が優位になるということです。そうなると、安眠ができるようになります。安眠ができれば日中は活動的に動けるようになり、日の光を浴びて活動的に動くと『精神安定成分』でもあるセロトニンが分泌され、その後メラトニンに変化します。するとそのメラトニンがさらに睡眠を快適なものにしてくれるので、好循環が生まれます。

 

ED

 

詳しくは下記の記事をご覧ください。

 

 

そのような好循環が作り出せるようになると、もうツボを押さなくても副交感神経を優位にすることが日常的なものになります。ツボ押しは、そういった好循環にはめるための一つのきっかけとして考えるのがいいでしょう。

 

お風呂に入ってもこの2つの効果は得られるわけですからね。血行がよくなり、心もリフレッシュします。人それぞれで向き不向きというものがありますから、自分に合った方法でこの効果を得るようにしましょう。どちらにせよ、

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

という2つの要素はEDと密接に関係していますから、それに作用するものは全て無関係ではありません。入浴、あるいはストレッチや下半身の運動と併せてツボ押しを行えば、より高い効果を得られます。

 

 

馬並師匠

まあ、知っているだけ損はないからね!出来る人もいるし!
たしかに!

さる

この章のまとめ
この章のまとめ

  • EDに有効なツボは血行促進と精神安定に効くツボ。