世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

マカの精力増強効果はどれくらいある?副作用は?

マカの精力増強効果はどれくらいある?副作用は?

マカにはたくさんの栄養素が含まれていますので、精力をつけるにはもってこいの食材だと言えます。

 

ただ、マカを過剰摂取するとニキビができやすくなったり、女性の場合は生理が遅れる等の副作用が報告されています。どんなものにもその人の体質との問題で合う、合わないということがありますので、自分の身体とよく相談してから摂取するようにしましょう。

馬並師匠

マカってよく聞くよね!日本はペルーからの輸出先の2位らしいね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

マカとED

下記の記事に書きましたが、今回は『マカとED』、あるいは『マカと精力増強』というテーマで特化して書いていきます。

 

 

マカというのは、南米ペルーに植生するアブラナ科の多年生植物です。根っこは薬用ハーブとして使用されます。この根っこがの栄養素がとても高く、アンデスで栽培される植物の中でも極めて優れた栄養値を示しています。

 

マカ粉末100gあたりの主要栄養成分
カルシウム 586mg
11.5mg
たんぱく質 11.3mg
亜鉛 7.93mg

 

マカ粉末100gあたりの主要栄養成分
アラニン 0.39g
アルギニン 0.61g
アスパラギン酸 0.67g
グルタミン酸 0.73g
グリシン 0.35g
ヒスチジン 0.19g
イソロイシン 0.28g
ロイシン 0.45g
リジン 0.31g
メチオニン 0.11g
フェニルアラニン 0.29g
プロリン 2.49g
セリン 0.33g
トレオニン 0.33g
チロシン 0.20g
バリン 0.39g

 

アミノ酸が豊富に含まれていますね。また、ジャガイモの倍以上の鉄分とカルシウムを含んでいることも注目です。更に、

 

  • リノール酸
  • パルミチン酸
  • オレイン酸
  • ビタミンB群
  • ミネラル
  • グルコシノレート

 

等も含有しています。この中で、精力増強に有効な成分は、

 

  • カルシウム
  • 亜鉛
  • オレイン酸
  • ビタミンB群
  • アルギニン
  • アスパラギン酸
  • イソロイシン
  • メチオニン
  • リジン
  • バリン

 

ですね。

 

馬並師匠

マカは植物だね!その栄養素が精力増強に役立つっていうことなんだ!
なるへそ!

さる

この章のまとめ
  • マカの栄養素を確認する。

マカに含まれる精力増強成分

カルシウム

まずカルシウムですが、これが不足するとイライラ等の精神不安定に繋がります。すると、交感神経が優位になって、勃起の条件が整いません。EDの条件が整ってしまいます。勃起の仕組みを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    エッチな刺激
     
  • STEP.2
    副交感神経興奮
     
  • STEP.3
    NO(一酸化窒素)放出
     
  • STEP.4
    cGMP増加
     
  • STEP.5
    陰茎海綿体平滑筋弛緩
     
  • STEP.6
    勃起
     

 

という流れが勃起の仕組みなのです。

 

  • 交感神経が優位=緊張、不安
  • 副交感神経が優位=リラックス

 

ですから、カルシウムを摂って興奮する神経を安定させることは、EDの予防・改善に繋がるのです。

 

ED

 

またですが、これが不足すると貧血を起こします。貧血によって血の巡りが悪くなり、ペニスに血液が十分に流入しなければ、勃起が成り立ちません。前立腺肥大や前立腺炎が悪化すると、骨盤内が局所的な貧血を起こすことがありますが、それによってEDとなる場合があるのです。

 

 

 

亜鉛

亜鉛については下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

オレイン酸

またオレイン酸は不飽和脂肪酸ですが、下記の記事に書いたように、リノール酸のようにHDLコレステロールを減らすことはなく、LDLコレステロールだけを減らすので、動脈硬化や心筋梗塞の予防や治療に大きな力を発揮します。

 

 

それがEDの予防・改善に繋がっているのです。

 

 

ビタミンB群

また、ビタミンB群のうちビタミンB1と、アルギニンに関しては、下記の記事に書きましたので、併せてご確認ください。

 

 

アスパラギン酸

アスパラギン酸は非必須アミノ酸です。

 

必須アミノ酸
体内で合成されないアミノ酸。食事等から摂取する必要がある。(9種類)
非必須アミノ酸
体内で合成されるアミノ酸。(11種類)

 

『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

新陳代謝を活発にし、疲労回復に効果 アスパラギン酸

 

野菜のアスパラガスから発見されたため、アスパラギンの名がついたアミノ酸です。アスパラギン酸から、エネルギー代謝(TCAサイクル)に関与するオキサロ酢酸が生じるため、窒素やエネルギーの代謝を高めます。そのため、疲労に対する抵抗力がつき、活力が高まります。このような作用があることから、スタミナ強化をうたったドリンク剤にも用いられています。

 

アスパラギン酸は疲労回復効果があり、スタミナ強化の栄養素としてよく使われることが多いんですね。ということは、

 

  • 疲労回復
  • 体力増強
  • 精力増強

 

という効果を期待できるということです。

 

イソロイシン

イソロイシンはどうでしょうか。これは必須アミノ酸です。 『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

成長を促進する イソロイシン

 

人の血清中にも0.9~1.8mg/dl存在する必須アミノ酸です。体内では、成長を促進したり、神経の働きをよくします。また、血管を拡張したり、肝臓の機能を高める働きもあります。ロイシン、バリンとの摂取バランスが崩れると、体重が減少するなどの弊害がdます。

 

『血管を拡張させる』というキーワードが出てきましたね。血管拡張によって血流がよくなれば、EDの予防・改善に繋がります。もう一度勃起の仕組みを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    エッチな刺激
     
  • STEP.2
    副交感神経興奮
     
  • STEP.3
    NO(一酸化窒素)放出
     
  • STEP.4
    cGMP増加
     
  • STEP.5
    陰茎海綿体平滑筋弛緩
     
  • STEP.6
    勃起
     

 

という流れが勃起の仕組みですからね。血流不全になるとEDとなり、血行がよくなると勃起が促されます。 またその血管拡張作用はアンチエイジングとも無関係ではありません。

 

 

メチオニン

メチオニンはどうでしょうか。必須アミノ酸です。『これは効く! 食べて治す 最新栄養成分事典』にはこうあります。

ヒスタミン濃度を下げる メチオニン

 

イオウを含んだ含硫アミノ酸の一つで、体内に入ると、ヒスタミンの血中濃度を下げます。ヒスタミンは体内にある化学物質で、ふだんは不活性ですが、けがや薬物反応で活性化すると、血管の拡張やかゆみ・痛みを引き起こし、ひどい場合はアレルギー症状になる物質です。抑うつ症状や統合失調症の症状を改善することもあります。

 

メチオニンは、『悪さをするヒスタミン』の活動を抑える働きがあるんですね。悪の力を抑制する警察や警備隊を導入するようなイメージで、メチオニンを摂取していきたいということです。すると、抑うつ病等の問題を改善し、EDの予防・改善に繋がります。うつ病等の精神的不安定は、EDの原因ですからね。

 

 

リジン・バリン

リジンとバリンについては下記の記事に書きました。ローヤルゼリーなどにも含まれていて、疲労回復効果を期待できるアミノ酸です。

 

 

馬並師匠

たしかにこう見るとすごい栄養素だらけだね!他の野菜や果物と比較すれば尚更それがわかるね!
たしかに!

さる

この章のまとめ
  • 精力増強成分を確認する。

アンデスニンジンと呼ばれるマカ

中国の『高麗人参』と並んで『アンデスニンジン』とも言われるマカは、『天然のバイアグラ』とも言われるほど、精力増強の栄養素として有名です。マカの輸出国としては、日本はアメリカに次いで2位ですから、この日本ではよくマカの名を耳にすることが多いですね。

 

 

摂取しようと思ったらサプリメントが適しているでしょう。マカを食事で食べることはほとんどありませんからね。サプリメントには、マカを摂取したい人の潜在的ニーズにこたえるように、『亜鉛』や、血液の流れをよくし、抗酸化作用を持つ『セレン』などを追加して強化したものがあって、より下半身の強化がしやすいように考えられています。

 

亜鉛の働き
  • 精子の量を増やす
  • 前立腺の働きを助け、生殖器官の発達を促す

 

 

こうして考えると、精力剤として売られているものは、なかなかどうして考え抜かれて販売されているようですね。

 

ただ、マカを過剰摂取するとニキビができやすくなったり、女性の場合は生理が遅れる等の副作用が報告されています。どんなものにもその人の体質との問題で合う、合わないということがありますので、自分の身体とよく相談してから摂取するようにしましょう。

 

馬並師匠

どんなものでも過剰摂取は毒だからね!自分の体質と相談しながら、適切にとっていこう!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • マカを過剰摂取するとニキビができやすくなったり、女性の場合は生理が遅れる等の副作用が報告されている。