世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

無精子症の原因と対策!妊娠に与える影響はどれくらいある?

無精子症が妊娠に与える影響はどれくらいある?

無精子症というのは、精液の中に精子が存在しない状態を言います。しかし、手術等の対策によって妊娠することが出来ることができる可能性がありますので、打つ手はあります。

馬並師匠

無精子症についてはきちんと慎重に考えることが大切だね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

無精子症って何?

無精子症というのは、精液の中に精子が存在しない状態を言います。

 

  • 閉塞性無精子症
  • 非閉塞性無精子症

 

の2種類があります。

 

閉塞性無精子症

閉塞性無精子症は、精巣上体炎などによって、精巣上体管が塞がっていたりして、射出精液中に精子が出てこない状態のことをいいます。

 

  • ヘルニアの手術
  • パイプカット手術

 

等の経験がある人に起こる症状です。この場合、『精路再建手術』によって精子の通り道を作ってあげると自然妊娠が可能になります。

 

 

非閉塞無精子症

非閉塞無精子症は、閉塞性無精子症のような状況でない場合でも、射出精液中に精子が含まれてない状態のことをいいます。この原因は、

 

  • 視床下部
  • 下垂体ホルモン
  • 精巣

 

の異常などが原因として考えられています。尚、成人してから『おたふく風邪』になったりすると、それが非閉塞無精子症の原因になることもあります。この場合、精子になる前の細胞である『後期精子細胞』を探し、一つでも見つかればそれを採卵した卵子とともに顕微授精を行えば、妊娠できる可能性があります。

 

 

馬並師匠

精液はあるけど精子がないって結構深刻だね!
たしかに!

さる

この章のまとめ
  • 無精子症というのは、精液の中に精子が存在しない状態。
  • 閉塞性無精子症と非閉塞性無精子症がある。

手術で妊娠が可能

つまり、

 

  • 閉塞性無精子症
  • 非閉塞性無精子症

 

その両方が、手術等の対策によって、無事に妊娠することが出来るということですね。ただ、その成功率というのは病院や医師の実力、状況等、様々な要因が重なることで変化しますから、確実ではありません。しかし、無精子症でも希望があるということだけは楽観的に考えたいですね。

 

馬並師匠

対策があるだけ恵まれているかもしれないね!
たしかに!

さる

この章のまとめ
この章のまとめ

  • 無精子症であっても手術等の対策によって、無事に妊娠することが出来る。

精子と精液は違う?精液は飲み込んでも大丈夫?

精液の問題については下記の記事に書きましたので併せてご確認ください。今回はそこに記載しなかった、妊娠に関係するような情報をまとめてみましょう。

 

 

『男性機能の「真実」』にはこうあります。

精液の真実

 

精液は前立腺液が約5%、精嚢液が約90%です。1回に出る量は3~10mlで、その中に精子が含まれます。射出された精子は卵子にたどり着くまで気の遠くなるような距離を移動しなければなりません。その精子に運動エネルギーの元となる栄養を与えるためには精液は必要です。精液には、果糖、アスコルビン酸、プロスタグランジン、ビタミンB12、クエン酸、亜鉛などの物質がたくさん含まれています。

 

また、精液は独特な匂いがありますが、細胞の新陳代謝などに必要とされるスペルミンとうい物質のニオイです。精液は基本的には無菌でたいへんきれいなものです。時にオーラルセックスを楽しむカップルがいますが、精液を飲み込んでも大丈夫です。ただし性感染症のある男性の精液は危険なので注意が必要です。

 

  • 精液は前立腺液が約5%、精嚢液が約90%
  • 1回に出る量は3~10ml
  • 精子は卵子にたどり着くまで気の遠くなるような距離を移動する
  • 精子に運動エネルギーの元となる栄養を与えるためには精液が必要
  • 精子と精液は別で考える
  • 精液は基本的には無菌できれいなもの
  • 性病の男性の精液以外は飲み込んでも大丈夫

 

とありましたね。『精子と精液が違う』ということや、『性病の男性の精液以外は飲み込んでも大丈夫』というところは、知っている人と知らない人がいたでしょう。ちょっとあいまいな部分ですからね。また、その後に続く『我慢汁の真実』には、カウパー、いわゆる我慢汁のことについて詳細があります。

 

  • カウパー氏腺液=尿道球腺液=我慢汁
  • 糖たんぱく質でできていて、アルカリ性の粘液
  • 尿道に残っている酸性の尿を中和する働きがある
  • 性交の際に膣内の酸性度を中和する働きがある
  • ※精子は酸性の液体に弱い
  • 膣内射精をスムーズにするために陰茎の選択を濡らす役割がある
  • 男性ホルモンにより活動が調節されているため、中高年になると分泌量が減る
  • 純粋なカウパー氏腺液の中には精子は含まれない

 

というポイントについて書かれています。基本的に、挿入や精子の働きをよくするための『潤滑油』敵な立ち位置で、この我慢汁は働いてくれるということですね。また、このカウパーの中には精子が含まれないので、よく、

 

我慢汁の方が妊娠しやすいんだよ

 

ということを言う人がいますが、実際にはカウパーで妊娠することはありません。その噂が広まってしまったのは、次のような事実が存在するからでしょう。

 

実は、『精子は最初に出る精液に多く含まれている』のです。したがって、その最初に出る精液が『我慢汁』のことだと思ってしまった人が、

 

最初に出る精子が一番強いってことは、じゃあ我慢汁ってことか…

 

と解釈してしまったんですね。しかし実際は、

 

  • 精子≠精液≠我慢汁

 

ですから、すべて『≠(イコールではない』んですね。ということで、 『精子は最初に出る精液に多く含まれている』ということになると、その時点で『我慢汁ではない』ということがわかります。つまりまとめると、いくら、

 

『膣外射精』をするから避妊はバッチリだ!

 

と思っていたとしても、『ドピュッドピュッ!』の最初の『ド』に入る一瞬でも見誤ることがあれば、むしろ『一番精子が含まれている可能性が高い最初の精液』だけを膣内に残すことになるので、あまり意味がないということなのです。これらの情報が混合し、

 

膣外射精をしても意味ない…慌てて抜いたって我慢汁はすぐに出てしまう…むしろ我慢汁にこそ妊娠する可能性が高い精子が詰まっているから、コンドームをつけるしか避妊の方法はないんだ…

 

という噂を作り上げてしまったんですね。まあ『コンドームをつけるしかない』という結果に繋がっていることは正しいのですが、間違った情報と混合してしまっているので、正確な情報ではないですね。

 

ただこの無精子症は、その『精液』の中に『精子』が含まれていないということなので、不妊症を心配する人が多いということなのです。ここまで見た人は、もちろん『我慢汁』の中にも精子が含まれていないということがわかりましたね。

 

馬並師匠

実際に精子を飲み込んでも大丈夫っていう専門家の意見を聞くと、安心できるね!女性は!
たしかに!

さる

この章のまとめ
  • 精子と精液は違う。
  • 精液は性病じゃない限り飲み込んでも大丈夫。
  • カウパーで妊娠することはなく、最初に出る精液に含まれている精子のせいで妊娠する。