世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDを治すマッサージ。それって効果はどれくらいある?

EDを治すマッサージって効果はどれくらいある?

基本的にEDを真剣に考える本にマッサージについて書かれている本はありません。

 

つまり、専門家が注目するほどの効果がないということです。ただ、それもED治療薬と比べると、ということですし、専門家がこの世のすべての情報を知っているわけではないので、一つの考え方にすぎません。人によっては効果があることもあるでしょう。

馬並師匠

マッサージでは大した効果は期待できないね!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

EDを治すマッサージにはどんなものがある?

EDを治すマッサージとしては、

 

  • 血行促進
  • 精神安定

 

の効果を狙えるものが効果的だと言えます。下記の記事に『効果的なツボ』を書きましたが、ざっとまとめるとこれだけEDに効果的なツボがあります。

 

 

 

  • 湧泉(ゆうせん)
  • 次りょう(じりょう)
  • 大赫(だいかく)
  • 大椎(だいつい)
  • 百会(ひゃくえ)
  • 内関(ないせき)
  • 太谿(たいけい)
  • 商陽(しょうよう)
  • 三焦経(さんしょうけい)
  • 労宮(ろうきゅう)
  • 三陰交(さんいんこう)
  • 横骨(おうこつ)
  • 安眠(あんみん)

 

そのツボを押しながらマッサージをすれば、それらの効果を得られて、EDの予防・改善を期待できるかもしれません。また、下記の記事に書いたように、ストレッチを併せて行うことも有効になります。

 

 

勃起を助けるストレッチ、つまりED予防ストレッチのポイントは、

 

  • 筋肉と関節の柔軟性を高める
  • とくに股関節や骨盤
  • 全身の血流を良くする

 

ということ。やはりここでもポイントは、『血行促進』なんですね。勃起の仕組みを見てみましょう。

 

  • STEP.1
    エッチな刺激
     
  • STEP.2
    副交感神経興奮
     
  • STEP.3
    NO(一酸化窒素)放出
     
  • STEP.4
    cGMP増加
     
  • STEP.5
    陰茎海綿体平滑筋弛緩
     
  • STEP.6
    勃起
     

 

という流れが勃起の仕組みなのです。太字の部分ですね。血液循環が悪ければ、ペニスに血液が流入しません。したがって、ペニスに血液が流入できるように血行をよくすることはとても大切なことです。

 

何しろ、バイアグラ等のED治療薬は、血管拡張作用がありますからね。血管が拡張されれば血液の流れがよくなり、血液は流入しやすくなります。ED治療薬の正式名称は『PDE5阻害薬』ですから、PDE5という『cGMPという物質を阻害する酵素』の動きを阻害し、血圧を一時的に下げ、血流を良くするのです。

 

そう考えると、『血行を良くする』すべての要素は、EDに有効だということになります。タマネギに含まれる『アリシン』や『硫化アリル』には、血液をサラサラにする効果があり、サウナに入って水分をたくさんとれば、血液がサラサラになります。

 

お風呂に入っても、マッサージをしても、全て『水分をたっぷり摂る』などのポイントをきちんと押さえれば、全て血液がサラサラになります。滞っている老廃物や毒素を排出することで、ドロドロ血液がサラサラになるのです。

 

 

ただ、実際にはマッサージでEDを治すという方法を推奨する専門家はほとんどいません。私が持っている専門書にも、『ED治療薬の有用性』を主張する本ばかりで、マッサージの有用性を説く本は一冊もありません。

 

マッサージに有用性がないというわけではありませんが、それ以上にはるかに有効な治療法があるということですね。まあ、私の知人のED気味の人が、

 

  • アロママッサージ
  • 性感マッサージ

 

に行ったらEDが治ったという人がいますが、それはまた別のお話ですね。

 

馬並師匠

マッサージが無意味と言っているわけではないけどね!やった方がいいに決まってるんだけど、その効果は現実的に考えて著しくはないね!
うーむ、なるほど!

さる

この章のまとめ
  • 『血行を良くする』すべての要素は、EDに有効。
  • 実際にはマッサージでEDを治すという方法を推奨する専門家はほとんどいない。