世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

EDということで病院に行くことが面倒な場合はどうすればいいか

EDの治療で病院に行くことが面倒な場合はどうすればいい?

考え方の整理をしましょう。

馬並師匠

ED治療って、人に言いづらいよね!だから病院に行くっていうこともちょっとハードルが高いね!性病の治療とかと同じ感じだよね!だけど、プロの意見はやっぱり効果的だよ!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

億劫になる考え方を整理しよう

この場合の病院は、『泌尿器科』だが、今回のような迷いがある場合、選択肢は二つある。

 

  • ED治療を諦める
  • 開き直る

 

このようにして2つにしてしまった方がいいだろう。その他の『食事の方向から』などと、様々な改善の選択肢はあるが、人間というのは、選択肢が多い場合は、そのどれを取らなければいいか、どれを捨てなければいけないか、ということで悩む生き物なのである。従って、退路というものはなるべく断ち切った方がいい。

 

 

また、あるテストでは、店の商品棚に『20品』の商品を並べておくより、『5品』の商品を並べた方が売り上げが上がるというデータが出た。つまり、前者の場合、1つを選ぶとなると、実に『19品の商品を購入することを諦める』必要があるが、後者の場合は、それが『4品』で済む。それだけで、人間の損得勘定を大きく揺さぶり、購買率が上がっていくのである。

 

ということはつまり、決断率が上がるということだ。人間が優柔不断から脱却し、決断率を上げていくときにまず必要なのは、このようにして退路を少なくし、選択肢を少なくすることが極めて効果的なのである。

 

馬並師匠

まず理解したいのは、ED治療の際に行くべき病院は、『泌尿器科』だね!今回の悩みは『病院に行くのが面倒だ』っていうことだから、色々な考え方について挙げてみるから、参考にしてね!
何で面倒っすか?

さる

馬並師匠

人間は複雑な生き物なのさ!
この章のまとめ
  • ED治療の際に行くべき病院は、『泌尿器科』。

ED治療は劇的に進化している

このようなケースの場合、もう『病院』というキーワードが頭をちらついているわけで、だとしたら結構深刻な状況だ。あれこれと試した。待ってもみた。しかしダメだったわけで、病院が発想されたのである。

 

 

バイアグラ等の治療薬は、とても有効な治療薬なのだ。副作用や使用の注意点は以下の記事に書いたが、

 

 

基本的にはこれほど副作用もなく、EDに有効な薬もない。それは、かつて『行為の時間前に、わざわざ病院で局部に注射をして勃起させていた』時代を知っている人なら、誰しもが身に沁みて理解できる事実なのである。

 

EDで病院に行くのはわずか4.8%しかいないといわれている。性について開放的なアメリカですら、患者全体の約15%しかいないといわれている。

 

病院にいきたくない理由はわかる。それはEDじゃなくも同じことだ。病は気からと言うし、昔などは病院いらずの元気な精神を持った人がたくさんいた。しかし、『餅は餅屋』だ。プロの意見というものはやはりそれ専門にカスタマイズされていて、決して無駄にはならない。

 

馬並師匠

以前、身体に発疹が出て病院に行った人が、薬を貰ったのにその薬をごみ箱に捨ててる人がいたよ!普通の人からすれば意味不明の行動だよね!だけど本人の心理的には、『やけくそ』になっていたから、自分でもその意味の説明が出来ないんだ!
どういうことっすか?

さる

馬並師匠

人間は複雑な生き物だからね!心が整わないと行動に移せなかったり、矛盾した行動を取ってしまうものなんだ!心を整えることが何より大事だっていうことがわかるね!
うーむ!

さる

この章のまとめ
  • かつて『行為の時間前に、わざわざ病院で局部に注射をして勃起させていた』時代があった。
  • EDで病院に行くのはわずか4.8%しかいない。
  • 性について開放的なアメリカですら、患者全体の約15%しかいない。