世の中の『コッソリ系』情報を正確に伝えます。

ED予防や治療に役立つウォーキングのメリット

ウォーキングってEDに効くの?

効きます。血流が促進されることで、EDの改善に役立ちます。

馬並師匠

ED治療の基本は、血流の改善だからね!下半身の運動やストレッチが有効になるんだ!詳しく解説するね!
師匠に任せれば大丈夫っす!

さる

血流を促進させてEDの改善

 

に引き続き、EDの治療に役立つ運動の話だ。運動によって血流がよくなれば、それだけでEDには非常に有効である。それは、以下の記事でも確認できることである。

 

 

また、下半身の運動ということを考えても、ウォーキングのメリットは大きい。下半身の血流をよくすることはEDに効果的だからだ。

 

 

また、『メタボリックシンドロームの人はEDになりやすい?』にも書いた様に、有酸素運動であるウォーキングをすることは、メタボリック症候群の予防と改善にもなる。ただし、『EDと活性酸素の密接な関係性。酸化が引き起こす弊害』にも書いた様に、過度な運動は逆に健康に悪い。活性酸素が増えてしまって、それだけでEDの原因ともなる。

 

馬並師匠

激しい運動は活性酸素が増えてしまうから、逆に健康に悪くなるね!それ相応のケアをすることが必要になるよ!だけど、軽く運動するくらいなら、むしろ間違いなく良い効果を得られるので、メタボ対策としてもやった方がいいね!メタボもEDの原因だから!
ウォーキングはいいってことっすね!

さる

この章のまとめ
  • 下半身の血流をよくすることはEDに効果的。
  • 下半身の運動ということを考えても、ウォーキングのメリットは大きい。
  • 過度な運動は逆に健康に悪い。活性酸素が増えてしまって、それだけでEDの原因となる。

適度なウォーキングをすることのメリットは大きい

ウォーキングのメリットはこれだけではなく、リズム運動であるウォーキングは、セロトニンを活性化させることに役立つ。セロトニンは、自律神経をコントロールし、テストステロンの働きをサポートして男性機能の発揮を助ける為、セロトニンが活性化されることはEDにとってもとても良い。

 

また、『あがり症に大きな影響を及ぼすセロトニンという脳内物質とその役割』 の記事にも書いたが、 セロトニンのが活性化されることのメリットは、計り知れない。うつ病あがり症の改善にも大きな効果を発揮することになる。

 

そして、それら精神面を最適化することを考えるだけでED対策にもなっている。

 

歩くことで足の筋肉が収縮を繰り返すと、それがポンプの役割をして、血液が心臓にスムーズに戻っていく。血の巡りがよくなれば、男性機能も改善し、体調も向上していくというわけだ。

 

 

基本的に、EDやうつ病やあがり症だけではなく、ワキガ口臭にきび薄毛といった、心身に共通する人間のコンプレックス的な問題は、『食事、睡眠、運動』といった大原則を正しく最適化するということが極めて重要なカギとなっている。

 

その運動の中でも、極めて体に負担の少ないウォーキングは、極めて体にいい影響を与えるだろう。ただし、歩く時間や距離が多すぎては、過度な運動となる。適度な運動は人それぞれだが、30分程度が最適だと考えれば間違いないだろう。

 

馬並師匠

僕は末端冷え性で、家でデスクワークしているときは手足が氷のように冷たくなって、足湯なんかが必須になるよ!だけど、外を歩けば足だけはそういうことはないんだ!外の方が冷たいはずなのにね!つまり、血流が良くなっている証拠なんだ!
なるへそ!

さる

この章のまとめ
  • リズム運動であるウォーキングは、セロトニンを活性化させることに役立つ。
  • セロトニンが活性化されることはEDにとってもとても良い。
  • 適度な運動は人それぞれだが、30分程度が最適。